【旧裏オフ結果】新・殿堂ランク発表!!【戦いは次のステージへ】

旧裏オフ主催のソラさん、そして参加の皆様お疲れ様でした!!
今回も圧倒的にドラマチックな場面が多く、とても楽しいオフ会でしたッ♪

ひとまず結果を書きますと…

優勝は「カツラのブーバー&エンテイ」で大暴れしていた「こうたろう」さん!!!
準優勝は「カツラウィニー&プクリン」で安定した立ち回りを見せた「スイカ」さん!!
3位入賞は「わるいライチュウ&GR団ミュウツー」でロマンをひたすら追い続けた僕、「白音紅」!
4位入賞は「エリカのウツボットを主軸にエリカのプリン&バリヤード」でテクニカルな攻防を繰り広げていた「えんまい」さん!
そして!デッキ賞を受賞したのは……この僕、「白音紅」でした!!!

入賞した皆様、おめでとうございます!
見事ベスト3の勝利の栄光を掴んだ者たちには、ソラさんが作成したこちらの豪華な盾が贈呈されます!!
入賞者盾
毎回オフィシャルに勝るとも劣らないこの盾のハイクオリティ具合…流石ですね!

勿論盾以外にも豪華な賞品がズラリ…!!
豪華賞品の数々!
自分は今回、自分のサークルで発行した旧裏クロニクル夏号と冬号のセットと、ポケモンカードe未開封スターター(初版)と、ポケモンカードe未開封拡張パック(初版)、ポケモンカードeリーダー+の箱&カード付きセットを提供させて頂きました!

主催のソラさんの詳細なオフレポ記事はこちら(文字をクリックするとページにジャンプします)えれめんたるぶらすと-neo-

全力を尽くそうと、運があろうとなかろうと、負けは負け……だからこそ勝利は光り輝く!!
自分は3位入賞という座に甘んじることなく、次勝つためにできることをしたいと思います!

ちなみに自分が頂いた盾はこちら!

今までに頂いた盾
レッドとグリーン、そしてカメックスが居ますね!順位が上がるごとに登場するポケモンの絵柄も増えていく仕様は、過去の公式大会の入賞盾を連想させます!
そして!!ナツメ収集枚数が1000枚超えの快挙を成し遂げたということで、「ナツメ」の盾も頂きました♪今までに頂いた盾と共に家宝にしてます!

そして裏面!

裏面


圧倒的ハイセンス…!
「ブルー姉さんとカメックス」ですね!個人的に物凄く好きなキャラなので嬉しかったです。
ナツメの方は「フーディン、ユンゲラー、モルフォン、バリヤード」といったナツメのポケモンラインナップ!
ポケモンのチョイスがすごく良い所を突いてると思います!!


今回も本当にありがとうございました…!!


そんなこんなで早速オフを詳細に振り返った恒例のレポートを書こうと思っているんですが、今回のオフで自分はお昼を食べてるときにデジカメを落としてしまい、午後の部の写真が全く撮れていない状況で、ソラさんにいくつか写真を頂いているんですが、状況を補完するための画像等を用意していたら物凄く完成に時間が掛かってしまっているので…

先に次回のオフ会で採用予定となっている「新・殿堂ランク」を公開したいと思います!!
結構前から構想自体は有ったんですが、細部に至るまでの決定が難しく、ずっと未完のままでしたが…

度重なるオフの結果や周りの人の声のおかげで今回ひとまず形にすることができました!!


▼旧裏面殿堂ランク全カード対応Verβ▼
※更に細かい殿堂ランクを作ろう!という話を頂きましたので、レインボージム版殿堂ランクを作ってみました!!殿堂ランクは非公式ですのであしからず※

~殿堂ランクについて~
その昔、公式大会のルールでは【殿堂ランク】というのが設定されていて(厳密にはポケモンのカードも20枚以上入れないと駄目というルールもセットでした)、一部の強いカードをほとんどの参加者がデッキに入れて同じようなデッキにならないように設定された制限制度のことです。

それぞれカードにランク付けがされておりランクを4つ以内になるようにデッキ構築しなければなりませんでしたが…
今回更に強さを細かく設定する為に★を8つに増やして考察してみました。



例:エリカのプリン+突風 ★★★★★★+★★=★★★★★★★★ ○
  ニューラ+ポケモンぎゃくしめい ★★★★★★★★+★=★★★★★★★★★ ×

※前回の殿堂ランクより★が増加したものは★(赤星表記)★が減少したものは★(青星表記)、新裏面で仕様が変わったものは☆(白星表記)で表示してます※

殿堂ランク      カード名称

★★★★★★★★ _のピカチュウ
★★★★★★★★ GR団のミュウツー
★★★★★★★★ ニューラ(ネオ1)
★★★★★★★★ わるいラフレシア

★★★★★★   エリカのプリン
★★★★★★   プテラ(化石)

★★★★★    バリヤード(拡張シート)

★★★★     カビゴン(拡張シート)
★★★★     ベトベトン(化石)
★★★★     ピクシー(ジャングル)
★★★★     ラッキー(第一弾)
★★★★     プクリン(ジャングル)
★★★★     カメックス(第一弾)
★★★★     R団のサンダー

★★★★     ダウジングマシーン
★★★★     錯乱ジム
☆☆☆☆     超エネルギーリムーブ
☆☆☆☆     にせオーキドの逆襲
☆☆☆☆     ロケット団のワナ

★★★      オーダイル(プレミアムファイル)
★★★      ピィ(ネオ1)
★★★      エレキッド(ネオ1)
★★★      バルキー(ネオ2)

★★★      きあいのハチマキ

★★★      無色2個エネルギー

★★       ピィ(コロコロプロモ)
★★       ピチュー(ネオ1)
★★       ブビィ(ネオ1)
★★       ブーバー(化石)
★★       ストライク(ジャングル)
★★       エレブー(第一弾)
★★       バリヤード(ジャングル)
★★       マルマイン(第一弾)
★★       ゴース(拡張シート)
★★       ポリゴン(ファンクラブ)
★★       くいしんぼカビゴン

★★       おうごんのみ
★★       パソコン通信
★★       突風
☆☆       エネルギー・リムーブ
☆☆       ミニスカート

★★       リサイクルエネルギー

★        マグカルゴ(ネオ3)         
★        エビワラー(第一弾)
★        ホウオウ(プレミアムファイル)
★        ムチュール(コロコロプロモ)
★        ププリン(映画館配布プロモ)

★        ププリン(ネオ2)
★        メガニウム(ネオ1)
★        バクフーン(ネオ1)
★        ドガース(拡張シート)
★        カスミのヒトデマン(スターブーメラン)
★        コダック(化石)


★        ロケット団のおねーさん
★        ポケモンぎゃくしめい
☆        カスミのいかり

★        鋼エネルギー




今回はかなり悩みましたが…中々に客観的且つ説得力のある殿堂ランクになったと思います。

★の変動の判断基準は、単体だけの性能だけではなく、環境全体のシナジーも考慮し、「旧裏の面白さを残しつつ、なるべく一方的な展開にならないようにする」ということを念頭に置いて設定しました。
こうなった理由は下で解説していきますが、「これはこうした方が良い」等の意見があれば具体的な理由と共に是非連絡して頂ければ幸いです。


<新殿堂ランク解説>

★★★★★★★★(殿堂ランク8)過去の★★★★級

禁止級、いわばチートみたいなカードが犇くブロックなので現状維持です。

「_のピカチュウ」
並べて見るとこのカードがこの中では一番弱い気がしますが、名前を巧妙に弄ると害悪になりかねない可能性を秘めてるのでランクに変更無しです。

「ニューラ」
このカードも、この中では大人しく見えるかもしれないカードですが、後述する「ポケモンぎゃくしめい」の強化など僅かにですが追い風になる要素があるので変更無しです。
強化点が無くても今回「悪エネルギー」が弱体化していないので特化すれば活躍の機会はまだあるカードだと思います。

「GR団のミュウツー」
最強クラスのチートカードなのでこのポジション。

「わるいラフレシア」
後述する「ププリン(ネオ2)」に★が付いたので微妙に追い風でもあるんですが、「コダック(化石)」にも★が付いたので、ロック状態完成させるまでには今まで以上に工夫が必要です。
安易なロックは出来なくなりましたが、一度ロックしてしまえば無双できる可能性が上がったので面白くなったんじゃないかと思います。


★★★★★★(殿堂ランク6)過去の★★★級


環境を壊しかねない強烈なパワーを秘めたカードが眠るブロック。

「エリカのプリン」
現状維持。
「無色2個エネルギー」の★が緩和され、両立させる訳には行かなかったのでこのポジションです。

「プテラ」
現状維持。
とはいえ天敵「ププリン(ネオ2)」に★が付いたので、環境的にはやや追い風だと思います。
ただ、「ポケモンぎゃくしめい」の★は緩和されてるのでプラマイはゼロかも知れません。
ただ、このカードも安易に★を変動させれるようなカードでは無いのでこの判断となりました。


★★★★★(殿堂ランク5)過去の★★★と★★の間ぐらいの強さ


「バリヤード(拡張シート)」
★が減りました。
強さ的には「もっと下げても良い」という声が聞こえてきそうですが、「「弱点・抵抗力」をなくせるたねポケモン」
というのは環境に関わる部分が多く、ポケモン回収などを使えば簡単に切り替えれてしまうのでこの位置に。
自身の★の減少も大きいですが、「ププリン(ネオ2)が★付きになったのも大きいと思います。


★★★★(殿堂ランク4)過去の★★級


「カビゴン(拡張シート)」
★がいきなり4つ(過去のランクでの2つ分)付きました。

「★一個で良いのでは?」という声が聞こえてきそうですが、そもそも★が無かった公式大会の殿堂ランク環境では「デッキ内にポケモンのカードを20枚以上投入しなければならない」という大前提があったので、その縛りが無い環境で強烈なロックに特化できる「カビゴン」に★が無い状況がそもそも異常だった訳で、更には今回カビゴンロックのパーツの「ポケモンぎゃくしめい」が強化されてるのでこのポジションになりました。

それでも工夫さえすればまだロック自体はできるので丁度良いバランスになったと思います。

「ベトベトン」
地味に★がひとつ減っています。
このカードはロックというよりもどちらかというとロックに対するロックの意味合いが強く、尚且つ1進化ポケモン、ワザの色拘束もキツく、逃げるコストもおもく、「突風」などで簡単に対処できるため★が減少しました。

「ピクシー(ジャングル)」「ラッキー(第一弾)」「プクリン(ジャングル」「カメックス(第一弾)」「R団のサンダー」
それぞれ丁度良いバランスだと判断したので現状維持です。

トレーナーの「ダウジングマシーン」「錯乱ジム」「超エネルギーリムーブ」「にせオーキドの逆襲」「ロケット団のワナ」
も丁度良いバランスだと判断したので現状維持です。


★★★(殿堂ランク3)過去の★よりもちょっと強いけど★★ほどでは無いカード


「オーダイル(プレミアムファイル)」
ちょっと★が増えました。
しかし後述する「カスミのいかり」の★が減っているので従来のオーダイルデッキとしては若干強化されている調整になったと思います。

「ピィ(ネオ1)」
ちょっと★が減りました。
コロコロプロモ版よりちょっと強いぐらいのスペックなのでこのポジションに落ち着きました。

「エレキッド(ネオ1)」
ちょっと★が増えました。
ベイビィの中ではトップクラスに汎用性が高く、エネルギー無しでベンチから動けるのが「エレブー(第一弾)」よりも凶悪で、
このカード一枚で「雷」弱点のカードをかなり牽制できてしまうので★が増加
しました。

「バルキー(ネオ2)」
ちょっと★が増えました。
これまた汎用性が高く、「エビワラー(第一弾)」よりも優秀で、このカード一枚で「闘」弱点のカードをかなり牽制できてしまうので★が増加しました。

「きあいのハチマキ」
ちょっと★が増えました。
汎用性と逆転性が高く、「おうごんのみ」よりも優秀なのでこのポジションになりました。

「無色2個エネルギー」
ちょっと★が減りました。
汎用性は高いものの、今までランクが高すぎて殆ど使われないカードになってたので少し救済しました。
これで以前より「リザードン」や「バンギラス」などのややマイナーよりの大型カードが活躍できるようになると思います。


★★(殿堂ランク2)過去の★級


「ピィ(コロコロプロモ)」「ピチュー(ネオ1)」「ブビィ(ネオ1)」お馴染みベイビィズは変動無し。
「ブーバー(化石)」「ストライク(ジャングル)」「バリヤード(ジャングル)」「マルマイン(第一弾)」「ゴース(拡張シート)」「ポリゴン(ファンクラブプロモ)」「くいしんぼカビゴン」も変動無し。
「おうごんのみ」「パソコン通信」「突風」「エネルギー・リムーブ」「ミニスカート」「リサイクルエネルギー」も変動無し。


★(殿堂ランク1)過去の★よりもちょっと控え目なカード


「マグカルゴ(ネオ3)」
★がかなり減りました。
もともと単体ではそこまで凶悪なスペックでは無かったのと、後述する「バクフーン(ネオ1)」に★が付いたのでこのポジションに。

「エビワラー(第一弾)」
★が減りました。
バルキーよりも使いにくく、「ブーバー(化石)」などと見比べても少し使いにくいのでこのポジションに。

「ホウオウ(プレミアムファイル)」
ちょっと★が減りました。
このカードよりも「ホウオウ(ネオ2)」の方が強い気が……

「ムチュール(コロコロプロモ)」
ちょっと★が減りました。
「ムチュール(ネオ3)」よりも強く、イントロパックネオのベイビィよりも少し強力なのでこのポジションに。

「ププリン(映画館配布プロモ)」
ちょっと★が減りました。
他のベイビィと比べると少しパンチが少なく、かといってゼロにするには強いのでこのポジションに。
耐久性はかなりあるので活躍の機会は結構あると思います。

「ププリン(ネオ2)」
新たに★が設定されました。
ロック系カードに対しての抑止力として登場した正義の(?)カードですが、汎用性が高く、ロック以外にも刺さることもあり、
現状ではどのデッキにも「とりあえず採用、やること無いときはとりあえず壁」という形で採用され、ププリンが蔓延していたために少し制限
しました。
そうなると「ロックが怖いのでは?」という声が挙がりそうですが、凶悪なロックに対しては以前より細かい★設定をしているので、全体的にバランスが取れたとのではないかと思います。

「メガニウム(ネオ1)」
新たに★が設定されました。
カメックスのブースト性能ほどでは無いものの、すさまじいブースト力を誇り、自身のワザやHP等のスペックも平均以上、
草デッキを組む際の採用率が高いため、少し調整しました。

「バクフーン(ネオ1)」
新たに★が設定されました。
よく「コイントス判定能力なので「メガニウム(ネオ1)」より弱いのでは?」という声を聞きますが、メガニウムの【おいしげる】とは全く別のベクトルの強さがあります。

具体的に言うと、「トラッシュからの加速なのでリムーブに強い。手札を捨ててドローしていくだけでプールが広がり後半戦にも厚くなる(メガニウムは序盤向けにやや傾倒、バクフーンは中盤以降向けにやや傾倒)。並べるとその分試行回数が増える」等が挙げられる為に調整されました。
以前よりも使いにくくはなりますが、まだ活躍の場はあると思います。

「ドガース(拡張シート)」
新たに★が設定されました。
きぜつしても働く「ぶんれつ」は他に類を見ないほどの安定性を誇り、自分側の攻撃ダメージでも発動し、圧倒的な安定性を誇るので調整しました。

「カスミのヒトデマン」
新たに★が設定されました。
ワンキルの代名詞。「スターブーメラン」でコイントスおもてを出せば「エリカのプリン」を凌ぐ1キルループをする可能性があり、「デッキ内ポケモン20枚制限」がない環境(ポケモンを削るのがメジャーな環境)では先手圧倒的有利になりやすいので調整しました。

「コダック(化石)」
新たに★が設定されました。
今回個人的に一番の焦点であった「わるいラフレシア」と「ププリン(ネオ2)」の兼ね合いで少し制限が入ったカードです。
「わるいラフレシア」との両立こそ不可能になりましたが、他デッキでの活躍はまだ十分に見込めると思います。

この2つが両立できないようにするのは「エリカのプリン」と「無色2個エネルギー」が両立できないようにするのと同じぐらい重要で、この2つを制限する代わりに今まで蔓延し過ぎていた「ププリン(ネオ2)」にも調整をすることができ、絶妙なバランスになったのではないかと思います。

「ロケット団のおねーさん」
新たに★が設定されました。
旧裏オフ内で「豊富なドローソースに対する抑止力になる」との意見がいくつか出ましたが、既に抑止力として開発されている「ミニスカート」には殿堂ランクが★★★★で設定されており、「ミニスカート」よりもこちらのカードの方が使い勝手が良く、先手を取ったときに豊富なドローソースと共に連打されて後攻プレイヤーの手札が壊滅する危険性の方が高く、制限がついてもまだ実用できる性能だと判断したので調整しました。

「ポケモンぎゃくしめい」
ちょっと★が減りました。
いままでほぼ上位互換カードとも言える「突風」という強烈なライバルが居ましたが、調整によりこのカードにも活躍の機会が増えると思います。

「カスミのいかり」
ちょっと★が減りました。
これもほぼ上位互換といえる「パソコン通信」という強烈なライバルが居ましたが、調整しました。
「オーダイル(プレミアムファイル)」とのシナジーがすさまじいので結構悩みましたが、オーダイル側の★を少し上昇させて解決しました。

「鋼エネルギー」
新たに★が設定されました。
「わるいマタドガス」との強烈なコンボは有名ですが、「エネルギー・リムーブ」が制限されている中、このカードが複数貼られたときに生み出される一方的な状況を緩和するためにも調整しました。


若干ごちゃごちゃとしてしまいましたが、書きたいことは殆ど書けました。これで以前よりも対戦環境は改善されるのではないかと思います。
(自分を含め、一部の人はデッキの変更や改良を余儀なくされると思いますが、それもまた新環境の楽しみのひとつだと思って頂ければ幸いです。)
スポンサーサイト
(`・ω・´)
カテゴリー: 殿堂ランク関係 | コメント: 12 | トラックバック: 0

プロモ殿堂ランク考察&やってみたい対戦ルール

1月27日に京都大学ポケモンサークルさまがポケモンカードGB2オフを開催されたときに、新しい殿堂ランクを考案されていたので、当ジムでも新しい殿堂ランク表を作成してみました。
まだ改善の余地はあると思いますが、今後のオフなどに活用できれば良いなと思ったので今回はそんな感じの記事になります!!

▼旧裏面殿堂ランク全プロモカード対応Ver▼
※以前ポケモンカードweb収録対応Verを制作しましたが、今回は白音紅が個人的に純粋にプロモカードの強さにスポットライトを当てて考察して設定したランク表となっています。プロモ部分の殿堂ランクは非公式ですのであしからず※

~殿堂ランクについて~
その昔、公式大会のルールでは【殿堂ランク】というのが設定されていて(厳密にはポケモンのカードも20枚以上入れないと駄目というルールもセットでした)、一部の強いカードをほとんどの参加者がデッキに入れて同じようなデッキにならないように設定された制限制度のことです。

それぞれカードにランク付けがされておりランクを4つ以内になるようにデッキ構築しなければなりません。

例:プテラ+突風 ★★★+★=★★★★ ○
  ニューラ+プクリン ★★★★+★★=★★★★★★ ×

※最終版の時期(新裏面登場時期)になって効果が変わって殿堂ランクから外れたエネルギーリムーブ系のカードや、サポーターになって殿堂ランクから外れたロケット団のワナ等のカードは変更前の仕様で計算し、☆(白星表記)で表示し、今回新たに追加したプロモカードは★(赤星表記)で表示してます※

殿堂ランク      カード名称

★★★★       _のピカチュウ
★★★★       GR団のミュウツー
★★★★       ニューラ(ネオ1)
★★★★       わるいラフレシア


★★★        エリカのプリン
★★★        ベトベトン(化石)
★★★        プテラ(化石)
★★★        バリヤード(拡張シート)

★★         ピクシー(ジャングル)
★★         ピィ(ネオ1)
★★         ラッキー(第一弾)
★★         プクリン(ジャングル)
★★         マグカルゴ(ネオ3)
★★         カメックス(第一弾)
★★         R団のサンダー

★★         ダウジングマシーン
★★         錯乱ジム
☆☆         超エネルギーリムーブ
☆☆         にせオーキドの逆襲
☆☆         ロケット団のワナ
★★         無色2個エネルギー

★          ホウオウ(プレミアムファイル)
★          ブーバー(化石)
★          ブビィ(ネオ1)
★          オーダイル(プレミアムファイル)
★          ストライク(ジャングル)
★          ピチュー(ネオ1)
★          マルマイン(第一弾)
★          エレブー(第一弾)
★          エレキッド(ネオ1)
★          エビワラー(第一弾)
★          バルキー(ネオ2)
★          バリヤード(ジャングル)
★          ゴース(拡張シート)
★          ポリゴン(ファンクラブ)
★          くいしんぼカビゴン
★          ププリン(「映画館配布プロモ)
★          ピィ(コロコロプロモ)
★          ムチュール(コロコロプロモ)


★          おうごんのみ
★          きあいのハチマキ
★          パソコン通信
★          突風
★          ポケモンぎゃくしめい
☆          エネルギー・リムーブ
☆          ミニスカート
☆          カスミのいかり

★          リサイクルエネルギー
         


…とりあえずはこんな感じです!!問題があれば修正していく方向でいきたいと思います!プロモ以外のカードの考察については一旦保留しています。
あと、ポケモンカードGB2と旧裏面では環境がだいぶ違うので多少の変動がありますが、その辺も解説していきたいと思います!

■GR団のミュウツー■
まずプロモ界1の問題児とされるこのカード。たねポケモンでありながら、かなり思い切った能力を持つので公式大会では使えないとされていたカード。
「わるいゲンガーデッキ」などの超デッキに入れれば超2個で出せる「わるいぞうふく」(自分のベンチに居る「わるいポケモンの数だけコインを投げて、おもての数×20ダメージ」)によって結構な火力を飛ばすことができ、ネタ抜きでガチで組むと相当強いデッキができるのでこのランクになりました。

GB2オフのときよりもランクがひとつ増えてますが、その経緯についてはこれから記載していきます。

まず、サポータールールが採用されていたGB2オフでの★は、パソコン通信に当てないと事故の可能性が高い訳ですが、旧裏面ではドローソースやサーチカードの種類が多く、★をパソコン通信に割かずとも割と安定した試合展開にもっていくことが出来ます(仮にサポータールールを適用していた場合でも同様)。
更に、わるいポケモンの種類も増え(一部は減りましたが)、「ロケット団のアジト」や「悪エネルギーカード」などといった強化カードもラインナップされているので★4つにしました。

デッキに1枚のピン刺しでも「わるいライチュウ」や「わるいクロバット」などと組めばかなり活躍が出来ると思います。…唯一サイド落ちが怖いですが、そこは「ロケット団参上!」でカバーするとコンセプトも一貫できて良い感じです(笑


■__のピカチュウ■
前途した「GR団のミュウツー」に続いて公式大会では使えないシリーズその2。
HPは50と低いものの、使用者の誕生日であれば、コイントス判定が絡むものの2分の1の確立で2エネ80ダメージ(コイン裏で30ダメージ)が出せるのでこのポジションに。誕生日には是非とも使ってみたい超絶ロマンカードです。

ちなみに「__のラッキー」の方も公式大会では使えないカードなのですが、かなりおとなしいスペックなのでランクは無しで良いかなと思います。

…あと、最後に余談ですが名前の欄に「ナツメ」と書いておけば、ナツメの誕生日に使って「ナツメのESP」を付けry


■ファンクラブポリゴン■
1エネで場に出てる全てのトレーナーカードやマーカー、その他すべての効果を消し去る「オールクリア」を持ち、2エネで「悪」や「鋼」をほぼ機能停止させることが出来る「ハイパーテクスチャー」(相手の色を変えることができるワザ)を持つ脅威の高価格プロモーションカード。昔はあまり知られて居ませんでしたが色々なカードに刺さるカードです。

ちなみに「かっこいいポリゴン」さんは…ただかっこいいだけなので無害な存在です。


■くいしんぼカビゴン■
wikiだとプロモ枠以外で既に★が1つ設定されているカード。自分の手持ちの資料だとプロモというカテゴリ以外で個別にこのカードがランク指定された時期が分からないのですが、誰か詳しくご存知の方が居れば教えてほしいです。
さて、そんなことはさておき無色1個でだせる「たべる」というワザが非常に強力なこのカード。
このワザを使うと自身に「たべものマーカー」を1つ乗せ、無色3つでだせる「ころがる」を使うときに「たべものマーカー」を1つ消費すれば30ダメージを追加することができます。
「ころがる」のダメージは20なので50ダメージになり、マーカーを2つ消費すれば80ダメージになります。(マーカーは2個までのせれます)

なので、単純に「無色1個」で20ダメージ以上の効率の良いワザを出せてHPが100もあるこのカードは強い。実にシンプルですがそういうことです。(リムーブと状態異常、闘の速攻には弱いですが)


■ププリン(映画館配布プロモ)■
無色1個で相手を眠りにさせるという、ジャングルのパラセクトもビックリの「ねむり」ワザを持つこのカード。
汎用性が高く、ベイビィ判定+「ねむり」の効果は非常に厄介で、「わるいゲンガー」や「きあいのハチマキ」が絡んでくるとトラウマものになります。


■ピィ(コロコロプロモ)■
無色1個で2ドローできるという、ジャングルのガルーラもビックリの「ドロー」ワザを持つこのカード。
汎用性が高く、どのデッキに入れても活躍できるカードです。


■ムチュール(コロコロプロモ)■
無色1個で相手の場の好きなポケモン1匹にダメージカウンターを1個のせることができるスナイパーカード。
これまたベイビィの例に漏れず汎用性が高く、「きあいのハチマキ」を貫通したり、「きあいのハチマキ」によって生き延びたポケモンにトドメを刺したりできます



と、ピックアップしたプロモはこんな感じです。

web収録でランクから外れてた「通信進化ゲンガー」は元から高スペックですが、今回は他の通信進化シリーズの「フーディン、ゴローニャ、オムスター」も殿堂ランク解除によってようやく同じ土俵に立てたので面白そうです。

クイックスターター収録で既にランクから外れていた「じゅうでんピカチュウ」は「GR団のミュウツー」使用可能化のおかげで非常に活躍の場が広がりそうです。

その他、今回あらたにランク除外されたプロモカードでは、WHFのミュウツーのエナジーコントロールやテレキネシスが現在流行中の「ププリン(ネオ2)」に結構有効だったり、ポリゴンの下位互換だった「ドーブル(トレーナーズプロモ)」にも日の目が当たりそうだったりと、他にも色々個性的なカードの実用化によってデッキの幅が広がったりで、なにかと楽しそうな環境になりそうです。


-------------------------対戦ルール考察---------------------------

さて。
この殿堂ランクを使った対戦もやってみたいですが、他にも色々オフや対戦向けのルールなどをいくつか考えて来ましたので書いていきたいと思います!

◎コモン、アンコモン限定戦(殿堂ランク使用)◎
レアリティが●、もしくは◆のみのカードが使用可能というルール。拡張シートのカードが大活躍しそうです!
ネオ以降では、「ハリーセン」や「グライガー」なんかも人気が出そうですね。
プロモカードはレアリティが無いので使えませんが、ジム拡張の構築済みデッキに入ってるレアリティ無しのカードは使用可能で良いと思います。


◎ベイビィ&プラスパワー禁止HP30限定戦(殿堂ランク使用)◎
HPが30のポケモンしかデッキに入れられないという非常にスリリングなルール
ベイビィが禁止、プラスパワーも禁止なので「バトル場は穴だらけ!」や「悪エネルギーカード」などの火力UPが白熱しそうですが、これも上手く使わないと自分の首を絞めることになります。

また、「クチバシティジム」と「マダツボミのとう」のメタ読みが非常に熱くなりそうな環境です。

◎殿堂ランクプロモカード解禁戦◎
記事の冒頭で作成した殿堂ランクを使って対戦するルール。
オールスター戦と言っても過言では無いラインナップが売りです!


と…今のところは上記の3つが個人的にやってみたい対戦ルールです!
まだ実戦で検証してないので何か穴が有りそうですが、そこは発見次第修正していきたいと思います!
この辺の話はまたオフでも話してみたいですね(*・ω・)

そんなこんなで大阪で開催される旧裏面オフは今週の土曜日!2月9日にあるので、参加できる人は是非参加してみてください!きっとすごい思い出になると思います!

旧裏オフについての詳細はこちら→えれめんたるぶらすと-neo-さま


また、オフでは数々の無限収集者が集まります!

sataku009さん「GBカイリュー」
スイカさん「オーダイル(プレミアムファイル1)」
ソラさん「ルギア」
まき○さん「レアコイル」

そして僕は「ナツメ」「ナツメの眼」「ナツメのサイキックコントロール」「ナツメのESP」「ナツメのエーフィ」「ナツメのネイティオ」に加え、
最近は「ルージュラ」なんかも無限収集してます!カオス!!


これらのカードを持参すれば…きっと激しいトレード体験ができると思います!
それではまた、近いうちに会いましょう!!
(`・ω・´)
カテゴリー: 殿堂ランク関係 | コメント: 8 | トラックバック: 0

【ポケモンカードweb対応版】旧裏面殿堂ランク一覧!【&新裏エラッタまとめ】

対戦バランスなどの観点から愛用されることが多い殿堂ランク。
今まで当ブログでも何度か取り上げて来ましたが、この度--------------修正に修正を重ねてついに完成版とも言える【殿堂ランク一覧表HYPER】が完成しました…!!

プロモ関連の殿堂ランクを纏めるのは作業的にも中々手間がかかり、尚且つそれらの資料を探しながらの制作だったので完成まで結構時間がかかりました(汗

と、長くなりそうな前置きはここまでにしておいて、今回は【ポケモンカードWeb】に再録された分も考慮した殿堂ランク一覧表です!
(既に前回の殿堂ランクのページにいくつかリンクを頂いているので、そちらの方もまた修正しておきます(汗))


■ポケモンカード旧裏面殿堂ランク一覧■
~殿堂ランクについて~
その昔、公式大会のルールでは【殿堂ランク】というのが設定されていて(厳密にはポケモンのカードも20枚以上入れないと駄目というルールもセットでした)、一部の強いカードをほとんどの参加者がデッキに入れて同じようなデッキにならないように設定された制限制度のことです。

それぞれカードにランク付けがされておりランクを4つ以内になるようにデッキ構築しなければなりません。

例:プテラ+突風 ★★★+★=★★★★ ○
  ニューラ+プクリン ★★★★+★★=★★★★★★ ×

※最終版の時期(新裏面登場時期)になって効果が変わって殿堂ランクから外れたエネルギーリムーブ系のカードや、サポーターになって殿堂ランクから外れたロケット団のワナ等のカードは変更前の仕様で計算し、☆(白色表記)で表示してます※

殿堂ランク      カード名称

★★★★       ニューラ(ネオ1)
★★★★       わるいラフレシア

★★★        エリカのプリン
★★★        ベトベトン(化石)
★★★        プテラ(化石)
★★★        バリヤード(拡張シート)

★★         ピクシー(ジャングル)
★★         ピィ(ネオ1)
★★         ラッキー(第一弾)
★★         プクリン(ジャングル)
★★         マグカルゴ(ネオ3)
★★         カメックス(第一弾)
★★         R団のサンダー

★★         ダウジングマシーン
★★         錯乱ジム
☆☆         超エネルギーリムーブ
☆☆         にせオーキドの逆襲
☆☆         ロケット団のワナ
★★         無色2個エネルギー

★          ホウオウ(プレミアムファイル)
★          ブーバー(化石)
★          ブビィ(ネオ1)
★          オーダイル(プレミアムファイル)
★          ストライク(ジャングル)
★          ピチュー(ネオ1)
★          マルマイン(第一弾)
★          エレブー(第一弾)
★          エレキッド(ネオ1)
★          エビワラー(第一弾)
★          バルキー(ネオ2)
★          バリヤード(ジャングル)
★          ゴース(拡張シート)

★          おうごんのみ
★          きあいのハチマキ
★          パソコン通信
★          突風
★          ポケモンぎゃくしめい
☆          エネルギー・リムーブ
☆          ミニスカート
☆          カスミのいかり

★          リサイクルエネルギー
★          その他のプロモーションカード※↓詳細は後述↓※

---------------------------旧裏面プロモ一覧-----------------------------

・殿堂ランクに含まれるプロモは黒
殿堂ランクに含まれないプロモ(イラスト違い等で通常リリースされたカード等)は緑
殿堂ランクが2つ(★★)のプロモ(カメックス)は青
公式大会では使うことができないプロモは赤
の色にて表記しています。

ピカチュウ(なきごえ、でんきショック) 1996/10/15「月刊コロコロコミック96年11月号」おまけ
・プリン(かいふく、すてみタックル) 1996/10/15「月刊コロコロコミック96年11月号」おまけ
ピカチュウ(なきごえ、でんきショック) 1996/11/30「すぐわかるポケモンカードの遊びかた」おまけ
・プリン(かいふく、すてみタックル) 1996/11/30「すぐわかるポケモンカードの遊びかた」おまけ

・ミュウ(【ニュートラルシールド】、ねんりき) 1997/1/15「月刊コロコロコミック97年2月号」おまけ
・ウィンディ(でんこうせっか、いかりのほのお) 1997/1/未明 「トヨタオートキャンペーン」
ピカチュウ(なきごえ、でんきショック) 1997/1/未明 「トヨタオートキャンペーン」
ヤドン(ずつき、ドわすれ) 1997/5/2 「プレイマット」おまけカード
・ミュウツー(エネルギーきゅうしゅう、サイコバーン) 1997/5/15「月刊コロコロコミック97年6月号」おまけ
・ミュウツー(エネルギーきゅうしゅう、サイコバーン) 1997/5/20「ポケットモンスターファンブック」おまけ
超エネルギー回収 1997/5/20「ポケットモンスターファンブック」おまけ
・エレブー(ひかりのかべ、でんこうせっか) 1997/6/13 「公式カードファイル」おまけカード
・No.1トレーナー 1997/6/14 第1回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・No.2トレーナー 1997/6/14 第1回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・No.3トレーナー 1997/6/14 第1回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・なみのりピカチュウ 1997/8/9 「JRスタンプラリー」スペシャルカード
・ミュウ(【ニュートラルシールド】、ねんりき) 1997/8/9 「JRスタンプラリー」スペシャルカード
・イマクニ? 1997/8/15「月刊コロコロコミック97年9月号」おまけ
なみのりピカチュウ 1997/8/15「月刊コロコロコミック97年9月号」おまけ
・No.1トレーナー 1997/11/8 第2回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・No.2トレーナー 1997/11/8 第2回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・No.3トレーナー 1997/11/8 第2回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・そらをとぶピカチュウ 1997/11/15「月刊コロコロコミック97年11月号」おまけ
わるいペルシアン 1997/11/18 「ファンクラブvol.3」おまけ
ピカチュウ(じゅうでん、10まんボルト) 1997/12/7 次世代WHF 特別限定拡張シート
・ミュウ(はたく、サイコデュープ) 1997/12/7 次世代WHF 特別限定拡張シート
・ミュウツー(テレキネシス、エナジーコントロール) 1997/12/7 次世代WHF 特別限定拡張シート
・かっこいいポリゴン 1997/12/10 「ニンテンドー64Wゲットだぜキャンペーン」
・くいしんぼカビゴン 1997/12/10 「ニンテンドー64Wゲットだぜキャンペーン」
・ニャース(ひっかく、まるもうけ) 1997/12/15「月刊コロコロコミック98年1月号」おまけ
・パソコン大暴走! 1997/12/15「月刊コロコロコミック98年1月号」おまけ
・ポケモンイラストレーター 1997/12/15 「イラストアーティスト」入賞カード

とりかえっこプリーズ 1998/2/10 「とりかえっこプリーズ」キャンペーンカード
カメックス 1998/2/10 「とりかえっこプリーズ」キャンペーンカード
フシギバナ 1998/2/10 「とりかえっこプリーズ」キャンペーンカード
リザードン 1998/2/10 「とりかえっこプリーズ」キャンペーンカード
カスミのヒトデマン 1998/2/15「月刊コロコロコミック98年3月号」おまけ
タケシのイワーク 1998/2/15「月刊コロコロコミック98年3月号」おまけ
カモネギ 1998/3/15「月刊コロコロコミック98年4月号」おまけ
・カラカラ(ホネをさがす、ボーンキラー) 1998/3/15「月刊コロコロコミック98年4月号」おまけ
・ルージュラ(あくまののろい、つららパンチ) 1998/3/15「月刊コロコロコミック98年4月号」おまけ
・ガルーラ(ピヨピヨパンチ、メガトンパンチ) 1998/5/未明 ガルーラ親子大会入賞カード
タッチ交代! 1998/6/10 「ファンクラブvol.5」おまけ
エリカのミニリュウ 1998/7/15「月刊コロコロコミック98年8月号」おまけ
マチスのエレブー 1998/7/15「月刊コロコロコミック98年8月号」おまけ
・パソコン大暴走! 1998/7/19 カメックスメガバトル出場記念カード
・No.1トレーナー 1998/7/19 カメックスメガバトル入賞カード
・No.2トレーナー 1998/7/19 カメックスメガバトル入賞カード
・No.3トレーナー 1998/7/19 カメックスメガバトル入賞カード
カイリュー(【トランスポート】、マッハひこう) 1998/11/1 ANA「ジェットでゲットだ!Wチャンスキャンペーン」
・そらをとぶピカチュウ 1998/11/1 ANA「ジェットでゲットだ!Wチャンスキャンペーン」
_のピカチュウ 1998/11/5 「ポケモンカード全カードカレンダー」おまけ
ディグダ(つつく)1998/11/13「すぐわかるポケットモンスターの遊びかた 最新版ver.2」プロモ
ダグトリオ(【もぐる】)1998/11/13「すぐわかるポケットモンスターの遊びかた 最新版ver.2」プロモ
エリカのフシギダネ 1998/11/15「月刊コロコロコミック98年12月号」おまけ
カスミのメノクラゲ 1998/11/15「月刊コロコロコミック98年12月号」おまけ
タケシのマンキー 1998/11/15「月刊コロコロコミック98年12月号」おまけ
マチスのサンダース 1998/11/15「月刊コロコロコミック98年12月号」おまけ
・オムスター(しょくしゅをつかう、ふしょくえき) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
カイリキー(いかりばくはつ、なげとばす) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
ゲンガー(【やみのちから】サイコホラー、) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
・ゴローニャ(ころがる、ロックブラスト) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
・フーディン(サイコパニック、トランスダメージ) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
・カイリュー(【いやしのかぜ】、たたきつける) 1998/12/18 任天堂「ポケモンカードGB」おまけ
コイキング(びちびち)1998/12/未明 小学館学年誌「タマムシ大学ハイパー博士試験」賞品

・ニャース(ねこパンチ) 1999/1/15 「月刊コロコロコミック99年2月号」おまけ
・フシギバナ(【ソーラーパワー】) 1999/1/28 「ポケモンカードGBオフィシャルガイドブック」おまけ
カツラのガーディ 1999/2/15「月刊コロコロコミック99年3月号」おまけカード
ナツメのケーシィ 1999/2/15「月刊コロコロコミック99年3月号」おまけ
フシギダネ(やどりぎのタネ) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ニョロモ(みずでっぽう) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
コイキング(たいあたり、じたばた) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ギャラドス(りゅうのいかり、バブルこうせん) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ピカチュウ(かじる、でんげき) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ドガース(くさいガス) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ヒトカゲ(ひっかく、ひのこ) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ゼニガメ(あわ、からにこもる) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
フリーザー(フリーズドライ、ふぶき) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ラッキー(まるまる、すてみタックル) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
マンキー(【スパイ】、ひっかく) 1999/5/22 「ポケモンカードになったワケ1」おまけ
・ピカチュウ(ひっかく、10まんボルト) 1999/5/28 「トレーナーズVol.1」おまけ
・そらをとぶピカチュウ? 1999/6/1 ANA「みんなにうれしいキャンペーン」
・フリーザー(ダイヤモンドダスト) 1999/6/1 ANA「みんなにうれしいキャンペーン」
・トゲピー(なきつく、ゆびをふる) 1999/6/15 「月刊コロコロコミック99年6月号」おまけ
マリル(みずでっぽう) 1999/6/15 「月刊コロコロコミック99年7月号」おまけ
・キョウの忍者ジム 1999/7/15 「月刊コロコロコミック99年8月号」おまけ
・サカキのニドキング(【めいれい】、じひびき) 1999/7/15 「月刊コロコロコミック99年8月号」おまけ
???※古代ミュウ※ 1999/7/17 映画「幻のポケモン ルギア爆誕」パンフレットおまけ
・サンダー(ライトニングバーン) 1999/8/1 ANA「みんなにうれしいキャンペーン」
・ファイヤー(ハイパーフレイム) 1999/8/1 ANA「みんなにうれしいキャンペーン」
・ハマちゃんのヤドキング 1999/8/15 小学館「月刊コロコロコミック99年9月号」おまけ
カスミのてあて 1999/8/21 CD「ラプラスにのって」おまけ
・No.1トレーナー 1999/8/24 トロピカルメガバトル入賞カード
・No.2トレーナー 1999/8/24 トロピカルメガバトル入賞カード
・No.3トレーナー 1999/8/24 トロピカルメガバトル入賞カード
・トロピカルウインド 1999/8/24 「トロピカルメガバトル」決勝トーナメント出場記念カード
・ナッシー[Exeggutor] 1999/8/24 「トロピカルメガバトルin HAWAII」参加記念カード
ラッキースタジアム【ハワイ】 1999/8/24 「トロピカルメガバトルin HAWAII」参加記念カード
・No.1トレーナー 1999/8/24 シークレットスーパーバトル入賞カード
・No.2トレーナー 1999/8/24 シークレットスーパーバトル入賞カード
・No.3トレーナー 1999/8/24 シークレットスーパーバトル入賞カード
コダック(ずつう、みだれひっかき) 1999/9/22 「ポケモンカードになったワケ2」おまけ
・ナッシー[Exeggutor]? 1999/10/1 「トレーナーズVol.3」おまけ
ロケット団のニャース 1999/10/27 CD「ニャースのパーティ」初回限定おまけ
・ヤミカラス(つつく、おいうち) 1999/12/10 「トレーナーズvol.4」おまけ
悪エネルギーカード 1999/12/10 「トレーナーズvol.4」おまけ
・ウパー(みずでっぽう、しっぽをふる) 1999/12/15「月刊コロコロコミック2000年1月号」おまけ
・カードトレーナー認定証 1999/12/未明 チャレンジパスポート50人対戦

きのみ 2000/1/9 チャンピオンロード2000「3人勝ち抜きコーナー」プレゼントカード
きせきのみ 2000/1/9 チャンピオンロード2000「3人勝ち抜きコーナー」プレゼントカード
チコリータ(たいあたり、リフレクター) 2000/1/9 「第11回次世代WHF」来場記念カード
ワニノコ(にらみつける、みだれひっかき) 2000/1/9 「第11回次世代WHF」来場記念
ヒノアラシ(ひばな、でんこうせっか) 2000/1/9 「第11回次世代WHF」来場記念カード
・ピィ(ピッピッ) 2000/1/15 小学館「月刊コロコロコミック2000年2月号」おまけカード
ルージュラ(れいとうパンチ、コールドブレス) 2000/1/22 「ポケモンカードになったワケ3」おまけ
・ハガネール(メタルクラッシュ、じひびき) 2000/3/1 「レーナーズvol.5」おまけカード
ラッキースタジアム【九州地区】 2000/3/25 公式イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【関東地区】 2000/3/26 公式イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【関西地区】 2000/4/9 公式イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【中国・四国地区】 2000/4/22 公式イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【中部地区】 2000/4/29 公式イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【東北地区】 2000/4/29 公式イベント参加記念カード
・ポリゴン(オールクリア、ハイパーテクスチャー) 2000/4/未明 「ファンクラブ」特製カード
・イーブイ(【れんさしんか】、かみつく) 2000/4/未明 「ファンクラブ」特製カード
ラッキースタジアム【北信越地区】 2000/5/14 イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【北海道地区】 2000/5/27 公式イベント参加記念カード
・ハッサム(メタルニッパー) 2000/6/15 「月刊コロコロコミック2000年7月号」おまけカード
・おどれ!neo★イマクニ? 2000/6/28 CD「ポケモン言えるかneo?」おまけカード
・マリル(はずむ、とびのる) 2000/7/1 ANA「ジェットでゲットだ!2000」プレゼントカード
・ドーブル(ペイント) 2000/7/1 「トレーナーズvol.7」おまけカード
・カポエラー 2000/7/8 「PIKACHU the MOVIE2000」公式認定スペシャルWカード
・ププリン 2000/7/8 「PIKACHU the MOVIE2000」公式認定スペシャルWカード
ヒマナッツ(せいちょう、メガドレイン) 2000/8/23 「ポケモンカードになったワケ4」おまけカード
・トゲピー(はしゃぐ) 2000/9/1 ANA「ジェットでゲットだ!2000」プレゼントカード
・アンノーン[J] 2000/9/1 「トレーナーズVol.8」おまけカード
・アンノーン[R] 2000/10/15 小学館「月刊コロコロコミック2000年11月号」
・ムウマ(いたみわけ) 2000/12/1 「レーナーズVol.9」おまけカード
・ムチュール(なげキッス) 2000/12/15 小学館「月刊コロコロコミック2001年1月号」

・ノコッチ(にらむ、ドリルしっぽ) 2001/1/1 インフォメーションパックおまけカードその1
・No.1トレーナー 2001/2/12 バトル☆ネオ スプリングロード入賞カード
・No.2トレーナー 2001/2/12 バトル☆ネオ スプリングロード入賞カード
・No.3トレーナー 2001/2/12 バトル☆ネオ スプリングロード入賞カード
わるいフシギソウ 2001/3/9 「ポケモンカードトレーナーズVol.10」おまけカード
わるいフシギバナ 2001/3/9 「ポケモンカードトレーナーズVol.10」おまけカード
GR団のミュウツー 2001/3/28 任天堂「ポケモンカードGB2 GR団参上!」おまけカード
ルギア 2001/3/28 任天堂「ポケモンカードGB2 GR団参上!」おまけカード
・キレイハナ(フローラルスピン) 2001/4/1 インフォメーションパックおまけカードその2
・ひかるミュウ 2001/4/15「月刊コロコロコミック01年5月号」おまけ
わるいオニドリル 2001/4/未明 「ポケモンカードGB2オフィシャルガイドブック」おまけカード
ひかるコイキング 2001/5/未明 「ファンクラブ」特製カード
・No.1トレーナー 2001/7/20 バトル☆ネオ サマーロード入賞カード
・No.2トレーナー 2001/7/20 バトル☆ネオ サマーロード入賞カード
・No.3トレーナー 2001/7/20 バトル☆ネオ サマーロード入賞カード
ハネッコ(ころがりタックル) 2001/7/23 「ポケモンカードになったワケ5」おまけカード
・トロピカルウインド 2001/8/26 世界交流戦2001夏参加記念カード
_のピカチュウ 2001/9/23 「ポケモンカードになったわけ6」おまけカード
タッチ世代交代! 2002/3/未明 バトルロードスプリング2002配布カード





……以上ですね!!
まだちょっとだけ残念なプロモカードが存在しますが、結構戦術に幅が広がったのでは無いでしょうか?
ちなみに【ポケモンカードWeb】の再録で殿堂ランクが解除されたプロモ一覧はこちら!↓

ヤドン(ずつき、ドわすれ) 1997/5/2 「プレイマット」おまけカード
なみのりピカチュウ 1997/8/15「月刊コロコロコミック97年9月号」おまけ
カイリュー(【トランスポート】、マッハひこう) 1998/11/1 ANA「ジェットでゲットだ!Wチャンスキャンペーン」
ディグダ(つつく)1998/11/13「すぐわかるポケットモンスターの遊びかた 最新版ver.2」プロモ
ダグトリオ(【もぐる】)1998/11/13「すぐわかるポケットモンスターの遊びかた 最新版ver.2」プロモ
カイリキー(いかりばくはつ、なげとばす) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
ゲンガー(【やみのちから】サイコホラー、) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
コイキング(びちびち)1998/12/未明 小学館学年誌「タマムシ大学ハイパー博士試験」賞品
マリル(みずでっぽう) 1999/6/15 「月刊コロコロコミック99年7月号」おまけ
ロケット団のニャース 1999/10/27 CD「ニャースのパーティ」初回限定おまけ
わるいフシギソウ 2001/3/9 「ポケモンカードトレーナーズVol.10」おまけカード
わるいフシギバナ 2001/3/9 「ポケモンカードトレーナーズVol.10」おまけカード


ポケモンカードWeb再録によって殿堂ランクが解除された通信進化ゲンガーからは危険な香りがしますね!
爆フーンデッキの【ファイヤーブースト】を使ったときに思ったんですが、2進化カードの場に出てから1度だけ使えるコイントス特殊能力は使ってみると見た目よりもだいぶ強いので、コイツを4積みしたデッキは普通にヤバそうです。

地味にHPの高い「ディグダ」「マリル」なんかもマイナーデッキで活躍するかも知れません。
「わるいフシギバナ」は、その昔地味に強力だったことで一部で悪名高いサザンアイランドの「ラフレシア」を彷彿とさせる性能ですが、「ロケット団のアジト」などのサポートが得られる分、更にワンランク強そうです。

あとはタマムシの「コイキング」は是非ともポケモンスナップの「コイキング」や「ギャラドス」と併せてゴージャスデッキのエースとして活躍させたいですね!プロキシじゃないと状態悪化するのが勿体無くて対戦するのが怖いですが…w

そして【ポケモンカードWeb】のカード一覧の画像がこちら!※トレーナーズVol.15参照※↓
Webリスト1

Webリスト2

2枚目の下のほうに載っている「ファイヤー」「サンダー」「フリーザー」は、こちらの画像下段のANAのプロモと殆ど同じ性能なのですが…↓
エラッタ3鳥
弱点が追加されるというe時代仕様の謎過ぎる弱体化が加わってる+イラスト違いのカードなので別カード扱いになってます!(なので、公式では旧裏面のANAプロモの3鳥は殿堂ランクを消費します)

ちなみにさっき話題に挙がった通信進化のゲンガーにはゴーストタイプのe仕様の悪弱点は追加されてません

これが格差社会…!!

ちなみに海外版の3鳥プロモには弱点が有りません↓
海外版3鳥

正直スペック的に言うと…
たねポケモンでHP70にげるコスト1個という点は優秀ですが、ワザを出すのにエネルギーが3個も要るので結構弱いです。(もし使うなら「ディフェンダー」でサポートしてベイビィメタ要員として「サンダー」を運用するのが一番現実的かなとは思いますが)

まぁこの時代は全体的に弱体化が多く見られた「e時代」なので、そのときに出た準伝3鳥の【アンチ~】系のハンデ特殊能力付きのことを考えるとマシに見えては来ますが…

弱点はネオの「ホウオウ」や「ルギア」にも有りましたが、やっぱりちょっと残念ですよね。
もしかすると「そらをとぶピカチュウ」は『弱点が無い』のでWebに収録されなかったのかも知れません。

…こっちには収録されてるんですけどね↓
ピカチュウワールドコレクション
その昔、シドニーで限定販売された「元祖ピカチュウワールドコレクション」…結構入手に苦労しました。

これに収録されてるカードも正直プレミアムファイルと同じノリで殿堂ランクが無しでもいい気がしますが、日本の公式大会では『海外版のカードは使うことが出来ない』というのが大前提で存在していたので、一旦ここではスルーしようと思います。あわれ空ピカさん…(´;ω;)


とりあえず殿堂ランクは今回の記事で一区切り付いたと思います。
参考画像を用意するのに苦労しましたが(Web一覧が載ってるトレーナーズVol.15を自宅で発掘するのが大変でした)、なんとか掲載することが出来ました。
あとはこのレギュレーションで対戦を重ねて、ここから更に殿堂ランクを細かく煮詰めていけば楽しいんじゃないかなと思います(*・ω・)


あと、せっかく新裏面の話題が出てきたのでついでに新裏面でサポーターになった旧裏面トレーナーカードの一覧も掲載しときます!↓
サポーターエラッタ一覧
最近BW環境で登場した「じてんしゃ」と同じ効果の「マサキのメール」なんかはサポーターになってません。
「クルミ」や「カツラの奥の手」もサポーターにならなかったので、サポータールール適用時の対戦では更なる活躍が期待できそうですね!

そしてお次はリムーブ系のエラッタ↓
リムーブ系エラッタ
「エネルギー・リムーブ」のコイントス化エラッタは有名ですが、「超エネルギーリムーブ」のエラッタは割とマイナーなんじゃないでしょうか?

「超エネルギーリムーブ」のテキストは、

コインを2回投げ、すべて「おもて」なら、相手のバトルポケモンについている「エネルギーカード」を、すべてトラッシュする。すべて「うら」なら、自分のバトルポケモンについている「エネルギーカード」を、すべてトラッシュする。

というもの。
効果の対象が「バトルポケモン(ベンチは不可)」という点、2枚連続「おもて」か「うら」で効果発動(1枚の「おもて」「うら」は効果無し)という点、トラッシュするエネルギーカードが「すべて」という点に気をつけないといけません。

更に細かい部分でいうと、旧裏面の時代では「エネルギー・リムーブ」という名称でしたが、新裏面になってからは「エネルギーリムーブ」という名称になりました。そう、「・」が無いんです!(超エネルギーリムーブの方はもともと「・」が無かったんですけどね)

だから当時『これは別の名称のカードだー!』なんて言う人が居るかなーとか思ったんですが、案外みんな普通にスルーしてました。名前なんてそんなもんですよね(´*・ω・)


と、今回はこんな感じです。
旧裏面関係の対戦環境に少しでも貢献できていれば幸いです!!
次回は「案外ややこしいルール、ちょっと珍しいケースのQ&A、ワザの細かい処理順…」などなど、ルール関係についてもう一度掘り下げて紹介しようと思います!!

それではまた!!!



















<おまけ>
トレーナーズ
今回発掘した歴代トレーナーズ(*・ω・)Vol.20まで持ってます。
(`・ω・´)
カテゴリー: 殿堂ランク関係 | コメント: 6 | トラックバック: 0

【プロモ詳細まとめ】旧裏面殿堂ランク一覧!【改定版】

色々な人の協力のおかげで再び活気を取り戻しつつある旧裏面ポケモンカード。
現在は『殿堂ランクルール』での対戦が推奨環境なのですが…


殿堂ランク★の「その他のプロモーションカード」


という項目。
プロモーションカードの種類が多く、オークションや現在少数存在するシングルカードショップでも「拡張シート」と「コロコロコミックのプロモ」を混同してる事も少なく無い現状…

新規の人が全てのプロモカードを把握するには現存している資料が少なく、不親切な表記だな…と思ったので、

今回!それらを全て表記した殿堂ランク一覧表を製作しましたー!!
種類がややこしそうなプロモカードはワザ名や特殊能力の名前を書いて判別しやすいようにしてます!(説明が長くて2行になりそうなカードは一部半角表示にしたりして1行に収めてます)
画像付きでプロモカードを見たい人は、ポケモンカード(旧裏面)収集ブログさんのところでも特集が始まってますので是非!



それでは、こちらが新しく作った殿堂ランク一覧表です♪



■ポケモンカード旧裏面殿堂ランク一覧■
~殿堂ランクについて~
その昔、公式大会のルールでは【殿堂ランク】というのが設定されていて(厳密にはポケモンのカードも20枚以上入れないと駄目というルールもセットでした)、一部の強いカードをほとんどの参加者がデッキに入れて同じようなデッキにならないように設定された制限制度のことです。

それぞれカードにランク付けがされておりランクを4つ以内になるようにデッキ構築しなければなりません。

例:プテラ+突風 ★★★+★=★★★★ ○
  ニューラ+プクリン ★★★★+★★=★★★★★★ ×

※最終版の時期(新裏面登場時期)になって効果が変わって殿堂ランクから外れたエネルギーリムーブ系のカードや、サポーターになって殿堂ランクから外れたロケット団のワナ等のカードは変更前の仕様で計算し、☆(白色表記)で表示してます※

殿堂ランク      カード名称

★★★★       ニューラ(ネオ1)
★★★★       わるいラフレシア

★★★        エリカのプリン
★★★        ベトベトン(化石)
★★★        プテラ(化石)
★★★        バリヤード(拡張シート)

★★         ピクシー(ジャングル)
★★         ピィ(ネオ1)
★★         ラッキー(第一弾)
★★         プクリン(ジャングル)
★★         マグカルゴ(ネオ3)
★★         カメックス(第一弾)
★★         R団のサンダー

★★         ダウジングマシーン
★★         錯乱ジム
☆☆         超エネルギーリムーブ
☆☆         にせオーキドの逆襲
☆☆         ロケット団のワナ
★★         無色2個エネルギー

★          ホウオウ(プレミアムファイル)
★          ブーバー(化石)
★          ブビィ(ネオ1)
★          オーダイル(プレミアムファイル)
★          ストライク(ジャングル)
★          ピチュー(ネオ1)
★          マルマイン(第一弾)
★          エレブー(第一弾)
★          エレキッド(ネオ1)
★          エビワラー(第一弾)
★          バルキー(ネオ2)
★          バリヤード(ジャングル)
★          ゴース(拡張シート)

★          おうごんのみ
★          きあいのハチマキ
★          パソコン通信
★          突風
★          ポケモンぎゃくしめい
☆          エネルギーリムーブ
☆          ミニスカート
☆          カスミのいかり

★          リサイクルエネルギー
★          その他のプロモーションカード※↓詳細は後述↓※

---------------------------旧裏面プロモ一覧-----------------------------

・殿堂ランクに含まれるプロモは黒
殿堂ランクに含まれないプロモ(イラスト違い等で通常リリースされたカード等)は緑
殿堂ランクが2つ(★★)のプロモ(カメックス)は青
公式大会では使うことができないプロモは赤
の色にて表記しています。

ピカチュウ(なきごえ、でんきショック) 1996/10/15「月刊コロコロコミック96年11月号」おまけ
・プリン(かいふく、すてみタックル) 1996/10/15「月刊コロコロコミック96年11月号」おまけ
ピカチュウ(なきごえ、でんきショック) 1996/11/30「すぐわかるポケモンカードの遊びかた」おまけ
・プリン(かいふく、すてみタックル) 1996/11/30「すぐわかるポケモンカードの遊びかた」おまけ

・ミュウ(【ニュートラルシールド】、ねんりき) 1997/1/15「月刊コロコロコミック97年2月号」おまけ
・ウィンディ(でんこうせっか、いかりのほのお) 1997/1/未明 「トヨタオートキャンペーン」
ピカチュウ(なきごえ、でんきショック) 1997/1/未明 「トヨタオートキャンペーン」
・ヤドン(ずつき、ドわすれ) 1997/5/2 「プレイマット」おまけカード
・ミュウツー(エネルギーきゅうしゅう、サイコバーン) 1997/5/15「月刊コロコロコミック97年6月号」おまけ
・ミュウツー(エネルギーきゅうしゅう、サイコバーン) 1997/5/20「ポケットモンスターファンブック」おまけ
超エネルギー回収 1997/5/20「ポケットモンスターファンブック」おまけ
・エレブー(ひかりのかべ、でんこうせっか) 1997/6/13 「公式カードファイル」おまけカード
・No.1トレーナー 1997/6/14 第1回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・No.2トレーナー 1997/6/14 第1回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・No.3トレーナー 1997/6/14 第1回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・なみのりピカチュウ 1997/8/9 「JRスタンプラリー」スペシャルカード
・ミュウ(【ニュートラルシールド】、ねんりき) 1997/8/9 「JRスタンプラリー」スペシャルカード
・イマクニ? 1997/8/15「月刊コロコロコミック97年9月号」おまけ
・なみのりピカチュウ 1997/8/15「月刊コロコロコミック97年9月号」おまけ
・No.1トレーナー 1997/11/8 第2回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・No.2トレーナー 1997/11/8 第2回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・No.3トレーナー 1997/11/8 第2回 ポケモンカードトーナメント入賞カード
・そらをとぶピカチュウ 1997/11/15「月刊コロコロコミック97年11月号」おまけ
わるいペルシアン 1997/11/18 「ファンクラブvol.3」おまけ
ピカチュウ(じゅうでん、10まんボルト) 1997/12/7 次世代WHF 特別限定拡張シート
・ミュウ(はたく、サイコデュープ) 1997/12/7 次世代WHF 特別限定拡張シート
・ミュウツー(テレキネシス、エナジーコントロール) 1997/12/7 次世代WHF 特別限定拡張シート
・かっこいいポリゴン 1997/12/10 「ニンテンドー64Wゲットだぜキャンペーン」
・くいしんぼカビゴン 1997/12/10 「ニンテンドー64Wゲットだぜキャンペーン」
・ニャース(ひっかく、まるもうけ) 1997/12/15「月刊コロコロコミック98年1月号」おまけ
・パソコン大暴走! 1997/12/15「月刊コロコロコミック98年1月号」おまけ
・ポケモンイラストレーター 1997/12/15 「イラストアーティスト」入賞カード

とりかえっこプリーズ 1998/2/10 「とりかえっこプリーズ」キャンペーンカード
カメックス 1998/2/10 「とりかえっこプリーズ」キャンペーンカード
フシギバナ 1998/2/10 「とりかえっこプリーズ」キャンペーンカード
リザードン 1998/2/10 「とりかえっこプリーズ」キャンペーンカード
カスミのヒトデマン 1998/2/15「月刊コロコロコミック98年3月号」おまけ
タケシのイワーク 1998/2/15「月刊コロコロコミック98年3月号」おまけ
カモネギ 1998/3/15「月刊コロコロコミック98年4月号」おまけ
・カラカラ(ホネをさがす、ボーンキラー) 1998/3/15「月刊コロコロコミック98年4月号」おまけ
・ルージュラ(あくまののろい、つららパンチ) 1998/3/15「月刊コロコロコミック98年4月号」おまけ
・ガルーラ(ピヨピヨパンチ、メガトンパンチ) 1998/5/未明 ガルーラ親子大会入賞カード
タッチ交代! 1998/6/10 「ファンクラブvol.5」おまけ
エリカのミニリュウ 1998/7/15「月刊コロコロコミック98年8月号」おまけ
マチスのエレブー 1998/7/15「月刊コロコロコミック98年8月号」おまけ
・パソコン大暴走! 1998/7/19 カメックスメガバトル出場記念カード
・No.1トレーナー 1998/7/19 カメックスメガバトル入賞カード
・No.2トレーナー 1998/7/19 カメックスメガバトル入賞カード
・No.3トレーナー 1998/7/19 カメックスメガバトル入賞カード
・カイリュー(【トランスポート】、マッハひこう) 1998/11/1 ANA「ジェットでゲットだ!Wチャンスキャンペーン」
・そらをとぶピカチュウ 1998/11/1 ANA「ジェットでゲットだ!Wチャンスキャンペーン」
_のピカチュウ 1998/11/5 「ポケモンカード全カードカレンダー」おまけ
・ディグダ(つつく)1998/11/13「すぐわかるポケットモンスターの遊びかた 最新版ver.2」プロモ
・ダグトリオ(【もぐる】)1998/11/13「すぐわかるポケットモンスターの遊びかた 最新版ver.2」プロモ
エリカのフシギダネ 1998/11/15「月刊コロコロコミック98年12月号」おまけ
カスミのメノクラゲ 1998/11/15「月刊コロコロコミック98年12月号」おまけ
タケシのマンキー 1998/11/15「月刊コロコロコミック98年12月号」おまけ
マチスのサンダース 1998/11/15「月刊コロコロコミック98年12月号」おまけ
・オムスター(しょくしゅをつかう、ふしょくえき) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
・カイリキー(いかりばくはつ、なげとばす) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
・ゲンガー(【やみのちから】サイコホラー、) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
・ゴローニャ(ころがる、ロックブラスト) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
・フーディン(サイコパニック、トランスダメージ) 1998/11/24 「通信進化キャンペーン」
・カイリュー(【いやしのかぜ】、たたきつける) 1998/12/18 任天堂「ポケモンカードGB」おまけ
・コイキング(びちびち)1998/12/未明 小学館学年誌「タマムシ大学ハイパー博士試験」賞品

・ニャース(ねこパンチ) 1999/1/15 「月刊コロコロコミック99年2月号」おまけ
・フシギバナ(【ソーラーパワー】) 1999/1/28 「ポケモンカードGBオフィシャルガイドブック」おまけ
カツラのガーディ 1999/2/15「月刊コロコロコミック99年3月号」おまけカード
ナツメのケーシィ 1999/2/15「月刊コロコロコミック99年3月号」おまけ
フシギダネ(やどりぎのタネ) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ニョロモ(みずでっぽう) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
コイキング(たいあたり、じたばた) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ギャラドス(りゅうのいかり、バブルこうせん) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ピカチュウ(かじる、でんげき) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ドガース(くさいガス) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ヒトカゲ(ひっかく、ひのこ) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ゼニガメ(あわ、からにこもる) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
フリーザー(フリーズドライ、ふぶき) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
ラッキー(まるまる、すてみタックル) 1999/4/未明「ベストフォトコンテスト入賞カード」
マンキー(【スパイ】、ひっかく) 1999/5/22 「ポケモンカードになったワケ1」おまけ
・ピカチュウ(ひっかく、10まんボルト) 1999/5/28 「トレーナーズVol.1」おまけ
・そらをとぶピカチュウ? 1999/6/1 ANA「みんなにうれしいキャンペーン」
・フリーザー(ダイヤモンドダスト) 1999/6/1 ANA「みんなにうれしいキャンペーン」
・トゲピー(なきつく、ゆびをふる) 1999/6/15 「月刊コロコロコミック99年6月号」おまけ
・マリル(みずでっぽう) 1999/6/15 「月刊コロコロコミック99年7月号」おまけ
・キョウの忍者ジム 1999/7/15 「月刊コロコロコミック99年8月号」おまけ
・サカキのニドキング(【めいれい】、じひびき) 1999/7/15 「月刊コロコロコミック99年8月号」おまけ
???※古代ミュウ※ 1999/7/17 映画「幻のポケモン ルギア爆誕」パンフレットおまけ
・サンダー(ライトニングバーン) 1999/8/1 ANA「みんなにうれしいキャンペーン」
・ファイヤー(ハイパーフレイム) 1999/8/1 ANA「みんなにうれしいキャンペーン」
・ハマちゃんのヤドキング 1999/8/15 小学館「月刊コロコロコミック99年9月号」おまけ
カスミのてあて 1999/8/21 CD「ラプラスにのって」おまけ
・No.1トレーナー 1999/8/24 トロピカルメガバトル入賞カード
・No.2トレーナー 1999/8/24 トロピカルメガバトル入賞カード
・No.3トレーナー 1999/8/24 トロピカルメガバトル入賞カード
・トロピカルウインド 1999/8/24 「トロピカルメガバトル」決勝トーナメント出場記念カード
・ナッシー[Exeggutor] 1999/8/24 「トロピカルメガバトルin HAWAII」参加記念カード
ラッキースタジアム【ハワイ】 1999/8/24 「トロピカルメガバトルin HAWAII」参加記念カード
・No.1トレーナー 1999/8/24 シークレットスーパーバトル入賞カード
・No.2トレーナー 1999/8/24 シークレットスーパーバトル入賞カード
・No.3トレーナー 1999/8/24 シークレットスーパーバトル入賞カード
コダック(ずつう、みだれひっかき) 1999/9/22 「ポケモンカードになったワケ2」おまけ
・ナッシー[Exeggutor]? 1999/10/1 「トレーナーズVol.3」おまけ
・ロケット団のニャース 1999/10/27 CD「ニャースのパーティ」初回限定おまけ
・ヤミカラス(つつく、おいうち) 1999/12/10 「トレーナーズvol.4」おまけ
悪エネルギーカード 1999/12/10 「トレーナーズvol.4」おまけ
・ウパー(みずでっぽう、しっぽをふる) 1999/12/15「月刊コロコロコミック2000年1月号」おまけ
・カードトレーナー認定証 1999/12/未明 チャレンジパスポート50人対戦

きのみ 2000/1/9 チャンピオンロード2000「3人勝ち抜きコーナー」プレゼントカード
きせきのみ 2000/1/9 チャンピオンロード2000「3人勝ち抜きコーナー」プレゼントカード
チコリータ(たいあたり、リフレクター) 2000/1/9 「第11回次世代WHF」来場記念カード
ワニノコ(にらみつける、みだれひっかき) 2000/1/9 「第11回次世代WHF」来場記念
ヒノアラシ(ひばな、でんこうせっか) 2000/1/9 「第11回次世代WHF」来場記念カード
・ピィ(ピッピッ) 2000/1/15 小学館「月刊コロコロコミック2000年2月号」おまけカード
ルージュラ(れいとうパンチ、コールドブレス) 2000/1/22 「ポケモンカードになったワケ3」おまけ
・ハガネール(メタルクラッシュ、じひびき) 2000/3/1 「レーナーズvol.5」おまけカード
ラッキースタジアム【九州地区】 2000/3/25 公式イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【関東地区】 2000/3/26 公式イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【関西地区】 2000/4/9 公式イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【中国・四国地区】 2000/4/22 公式イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【中部地区】 2000/4/29 公式イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【東北地区】 2000/4/29 公式イベント参加記念カード
・ポリゴン(オールクリア、ハイパーテクスチャー) 2000/4/未明 「ファンクラブ」特製カード
・イーブイ(【れんさしんか】、かみつく) 2000/4/未明 「ファンクラブ」特製カード
ラッキースタジアム【北信越地区】 2000/5/14 イベント参加記念カード
ラッキースタジアム【北海道地区】 2000/5/27 公式イベント参加記念カード
・ハッサム(メタルニッパー) 2000/6/15 「月刊コロコロコミック2000年7月号」おまけカード
・おどれ!neo★イマクニ? 2000/6/28 CD「ポケモン言えるかneo?」おまけカード
・マリル(はずむ、とびのる) 2000/7/1 ANA「ジェットでゲットだ!2000」プレゼントカード
・ドーブル(ペイント) 2000/7/1 「トレーナーズvol.7」おまけカード
・カポエラー 2000/7/8 「PIKACHU the MOVIE2000」公式認定スペシャルWカード
・ププリン 2000/7/8 「PIKACHU the MOVIE2000」公式認定スペシャルWカード
ヒマナッツ(せいちょう、メガドレイン) 2000/8/23 「ポケモンカードになったワケ4」おまけカード
・トゲピー(はしゃぐ) 2000/9/1 ANA「ジェットでゲットだ!2000」プレゼントカード
・アンノーン[J] 2000/9/1 「トレーナーズVol.8」おまけカード
・アンノーン[R] 2000/10/15 小学館「月刊コロコロコミック2000年11月号」
・ムウマ(いたみわけ) 2000/12/1 「レーナーズVol.9」おまけカード
・ムチュール(なげキッス) 2000/12/15 小学館「月刊コロコロコミック2001年1月号」

・ノコッチ(にらむ、ドリルしっぽ) 2001/1/1 インフォメーションパックおまけカードその1
・No.1トレーナー 2001/2/12 バトル☆ネオ スプリングロード入賞カード
・No.2トレーナー 2001/2/12 バトル☆ネオ スプリングロード入賞カード
・No.3トレーナー 2001/2/12 バトル☆ネオ スプリングロード入賞カード
・わるいフシギソウ 2001/3/9 「ポケモンカードトレーナーズVol.10」おまけカード
・わるいフシギバナ 2001/3/9 「ポケモンカードトレーナーズVol.10」おまけカード
GR団のミュウツー 2001/3/28 任天堂「ポケモンカードGB2 GR団参上!」おまけカード
ルギア 2001/3/28 任天堂「ポケモンカードGB2 GR団参上!」おまけカード
・キレイハナ(フローラルスピン) 2001/4/1 インフォメーションパックおまけカードその2
・ひかるミュウ 2001/4/15「月刊コロコロコミック01年5月号」おまけ
わるいオニドリル 2001/4/未明 「ポケモンカードGB2オフィシャルガイドブック」おまけカード
ひかるコイキング 2001/5/未明 「ファンクラブ」特製カード
・No.1トレーナー 2001/7/20 バトル☆ネオ サマーロード入賞カード
・No.2トレーナー 2001/7/20 バトル☆ネオ サマーロード入賞カード
・No.3トレーナー 2001/7/20 バトル☆ネオ サマーロード入賞カード
ハネッコ(ころがりタックル) 2001/7/23 「ポケモンカードになったワケ5」おまけカード
・トロピカルウインド 2001/8/26 世界交流戦2001夏参加記念カード
_のピカチュウ 2001/9/23 「ポケモンカードになったわけ6」おまけカード


……以上です!!

みなさんはこの中のカードを何枚ほど持っているでしょうか?
雑誌付録のジャンボカードやトレーナーズ定期購読者に送られていたスペシャルカード(ハガキサイズのカード)なんかも合わせるともっとありますが、これらのカードは試合で使うことが出来ないのでひとまず記載していません。
2001年になると、途中で新裏面のプロモも出てくるようになってますが、それも掲載すると殿堂ランクがややこしくなるので割愛しています。
あと、年代ごとに改行してちょっと区切ってるので、ポケモンカードの動向が分かるかもしれませんね。

僕もこの頃はポケモンカードにどっぷり浸かってて、毎日対戦してデッキを考えてました。
今にして思うとすごい恵まれた環境で、仲間のみんなには感謝してもしきれません。

旧裏面のカードの販売が完全に無くなった今でも、色々な人との交流を生んでいる旧裏面ポケモンカード…

これからも更なる活性化、いずれはゲームで旧裏面ポケモンカードの続編が出るぐらいにブームを起こしたいと企んでいるので、これからも旧裏面カードともども宜しくお願いします!(`*・ω・*)ノ
(`・ω・´)
カテゴリー: 殿堂ランク関係 | コメント: 5 | トラックバック: 0

旧裏面ポケモンカード歴代殿堂ランク特集!

お待たせしました!
ジョン・タイター氏の協力により、過去のイベントの品々をそのまま現代にタイムスリップする事に成功しました!


…という前フリを以前エイプリルフールにやろうと考えていたのですが、公開する場所が無くて断念!
そこで、今回はごく普通に過去のイベントを懐かしみながら、ちょっと小話でも挟みつつ、今旧裏面フリーク達の仲でも話題の殿堂ランクについて語りたいと思います!
現役プレイヤーだった人は少しでも懐かしんで頂ければ幸いです。また、新規の方は、こんな時代も有ったんだなーって思ってもらえたら嬉しいです(*・ω・)

殿堂ランクの始まりは、このスプリングロード☆ネオからだったと思います。
春道マップ

当時、エスパー好きの僕はこのルギアが大好きでした。
ルギアは映画やカードGBなんかでも優遇されてるポケモンで、トレーナーズのカード人気投票でも上位にランクインしてた記憶が有りますね。

春道案内

友達と電車で行ったのですが、色々なコーナーが有って、前日からとてもワクワクして眠れないぐらいでした。
が、しかしこの大会に優勝することが出来たので、試合で対戦した以外は予選通過後の休憩時間に少しトレードコーナーを走りまわったのと、イベント終了後にもトレードをお願いしまくってたという記憶しか有りません(*・ω・)でも楽しかったです!

春道時間割

相当懐かしい代物なのですが、この日の決勝戦は今でも克明に覚えてます。
試合中盤、相手の化石のブーバーのえんまくを上手くコイントスでかわしたのと、土壇場で相手の突風からマグカルゴの猛攻を受けたメガニウムが「きあいのハチマキ」で凌いだこと、相手がこちらの「ねんちゃくえき」の効果を忘れててすごく嫌そうな顔してた事とか…

そしてお待たせしました!
これが元祖殿堂ランクのシート(現物)です!↓

バトルネオシニア表

なにげに「先攻プレイヤーは1回目の自分の番のはじめに山札から1枚カードを引くことが出来ない」というのが大会専用ルールというのが驚きです。
僕等レインボージムのメンバーは旧裏面ポケモンカードは圧倒的に先手側が有利だと考えているので、こういう後攻救済措置みたいなのは嬉しいですね。

あと、この頃から大会のルールで殿堂ランクと毎回セットで実施されてたのが「ポケモンのカードを20枚以上デッキに入れないといけない」というルールで、ちょっとデッキの幅が狭まりそうなのですが、これが中々に絶妙なバランスを取っていたと思います。

それと、さりげなくこの頃はまだ殿堂ランクのしるしが「★」ではなくて「U」なのが面白いです(*・ω・)

この頃は確かまだネオ3までしか出てなくて、その上バランス調整が難しいと判断されたのか拡張シート系のカードジム拡張系のカード使えなかったんですよね。そのせいで、それらに該当する強力なカードのランクは一切有りません。

…ジム拡張シリーズが使えたらナツメのゴーストデッキを使って僕のナツメ好きをアピールしたかったんですけどね(´*・ω・*)

しかし、ロケット団が使えるにも関わらず、わるいラフレシアがランク入りしてないという驚きの事実!

あのロックデッキは拡張シートのゴースやゴーストが居ないと攻め手に欠けるからだとは思うのですが…
それに加えてブビィププリンピチューなどの特殊能力メタカードも多かった事も少なからず関係してるのではないかと推測しています。

ただ、それでもこのレギュレーションでは気を抜いているとコダックの「ずつう」で初手ロックされてからわるいラフレシアを出されて惨事になりかねませんが(笑

そしてこちらは先ほどのシートの裏面↓
バトルネオシニア裏

紙の経年劣化が目立ちますが、それも含めて僕の思い出の一品です。

そもそも殿堂ランクとは…


さきほど掲載したシート内でも例で小さく触れられてますが、一部の強いカードをほとんどの参加者がデッキに入れて同じようなデッキにならないように設定された制限制度のことです。
それぞれカードにランク付けがされておりランクを4つ以内になるようにデッキ構築しなければなりません。

例:にせオーキドの逆襲+ダウジングマシーン
  ★★+★★=★★★★ ○
  
  ニューラ+プクリン
  ★★★+★★★=★★★★★★ ×

こんな感じですね。
リムーブは★(殿堂ランク)が1つなので、4枚入れても大丈夫です。


ちょっと話が変わりますが、このスプリングロード☆ネオでは、僕が草デッキで優勝するまではジュニアでは「バクフーン+エンテイ」が流行り、シニアでは「バクフーン+マグカルゴ」が流行っていたのですが、僕は先ず「ベイビィポケモン」と「きあいのハチマキ」対策が最重要と判断し、それが上手く環境と噛み合って優勝することが出来ました。

メガニウム+わるベトデッキでバクフーン相手は結構きつかった部分も有りますが、レインボージムの面子の中にはニコニコ生放送でもお馴染みの、炎使いのエキスパートの魔王殿下が居て、ずっと対戦してたので立ち回りには自信が有りました。

バクフーン相手の立ち回りのポイントは、ロケット団のおねーさんで相手の進化を妨害しながらわるいベトベトンでドローソースとなるベイビィを撃破していく、わるいベトベトンに使うポケモンセンターは出し惜しみしない、オーキドはかせも出し惜しみしない、最後に…HP40のチコリータは絶対にデッキに入れない(笑

以上ですね!

まぁ、上記の事は他のデッキ相手にも言えるのですが、相手よりも如何に早く場を展開できるか…そして妨害できるかが重要ですね。攻めの速さはこっちに部が有ると思いますし、弱点も毒と草で分散しているので結構なんとかなります。ジム拡張シリーズが使えないので「スタジアムカード」の種類が少なく、「ロケット団のアジト」がトラッシュされにくい点も心強かったですね。

鋼相手(特にハガネール)は下手すると長期戦になりますが、イワークのときに速攻を仕掛けると突破できますし、そもそもハガネールは「げんしのきおく」のプテラと絡ませないと火力があまり出ないので、あまりマークしてなかったですね。

当時のデッキレシピなんかも要望が有れば公開したいと思います。


そしてお次は…
バトルネオサマー表

バトルネオ☆サマーロード2001!!

流石にサマーと言うだけ有っていかにも「夏」って感じのホウオウのイラストが素敵です!

僕はこの大会は抽選漏れで出れなかったんですよね…(´;ω;)みやせんも抽選漏れしたし。
代わりに魔王殿下が出場し、バクフーンマルマインの超速攻デッキで見事3位入賞!

世間では無水と呼ばれるリサイクルエネルギーを4枚投入した省エネ仕様なキングドラデッキが流行っていた時期ですね。
当時このデッキは最強と言われてましたが、僕らは密かに無水デッキの穴も見つけていました。

拡張シートにポケモンタワーというカードが有るのですが、このカードには

「お互いのポケモンやプレイヤーの使う「ワザ・特殊能力・トレーナーカード」の効果のうち、「トラッシュからカードを取り出して手札に加える」効果は、すべて消える。(それ以外の効果は、そのまま)」

という効果が有ります。

しかし、ちょっと記述が怪しいなと思って実際にサポートセンターに電話して詳しく効果を聞いてみたところ、「ワザ・特殊能力・トレーナーカード」の効果の他に、「エネルギーカード」の効果も消すことが出来るとの事が判明。
これらの事は現在のポケモンカードwikiにも書かれていませんが、覚えておいて損はしないと思います。

なので、リムーブ等とポケモンタワーを組み合わせてリサイクルエネルギーを封印すれば無水デッキ以外でも優勝を狙える…と思って決勝リーグ直前まで行ったメンバーも居るのですが、惜しくも届かず。中々勝負というものは難しいものです。

さて、少し殿堂ランクから話が逸れましたが…

バトルネオサマー裏

↑これがwikiや世間一般でいうところの殿堂ランク第2世代(第3世代)ですね。
最終的な殿堂ランクと比べると、プロモーションカードが使えない点、各種カードの制限がゆるい点…この2つが目立ちますが、全シリーズのカードが使えるようになり、長年レインボージムの中でも愛用されてきたレギュレーションです。

皆さんは旧裏面で殿堂ランクを遊ぶ際、wikiとかで最新のランクを見て使うと思うのですが、これ以降の第4世代、第5世代の殿堂ランクは新裏面のエラッタ(サポータールールやリムーブ系カードのコイントス、特殊能力の使用条件の変更等)が掛かっているので注意が必要です。

ちょっと第4世代の殿堂ランクの資料を紛失してしまったみたいなので(wikiで確認した限り殆ど第5世代のものと同じ内容ですが)、旧裏面が使える殿堂ランクの最終版…第5世代の資料を紹介しようと思います。

日本一決定戦レギュ

↑これが第5世代の殿堂ランクです。(カオスムーブのゲンガーデッキで日本一決定戦に出場したときのものです。)
まず、「悪」と「鋼」エネルギーカードの★が無くなってる点に目が行きます。
まだこの頃は「悪」「鋼」の特殊エネルギーカードを「悪」「鋼」以外のポケモンに付けても効果を得られるにも関わらず、こっそり殿堂ランクから除外されてるのは、デッキのバリエーションを狭めないためでしょうか?

しかし、より注目すべき点は、右下の大会ルール②のところにあるエラッタカード(エネルギー・リムーブ、超エネルギーリムーブ)や、右の方にあるサポーター適用カード(ロケット団のワナやカスミのいかり等)で、これらのカードは新裏面に合わせて弱体化されたので殿堂ランクから外れたという事を忘れてはいけません。


なので!!

第五世代でカバーできてない部分の旧裏面カード(新裏面のエラッタがかかってしまった旧裏面カード)をカバーした殿堂ランク表を作ってみました!!!

旧裏面カードを全部使いたいけどエラッタとかややこしいし、サポータールールは旧裏面らしくない!と思う人や、純粋に旧裏面カードだけで最強のデッキレシピを追求したい人なんかにオススメかも知れません。


殿堂ランク          カード名称
★★★★       ニューラ(ネオ1)       
★★★★       わるいラフレシア       

★★★        エリカのプリン        
★★★        ベトベトン(化石)       
★★★        プテラ(化石)
★★★        バリヤード(拡張シート)    

★★         ピクシー(ジャングル)     
★★         ピィ(ネオ1)         
★★         ラッキー(第一弾)       
★★         プクリン(ジャングル)     
★★         マグカルゴ(ネオ3)      
★★         カメックス(第一弾)      
★★         R団のサンダー         

★★         ダウジングマシーン      
★★         錯乱ジム           
★★         超エネルギーリムーブ     
★★         にせオーキドの逆襲      
★★         ロケット団のワナ       

★★         無色2個エネルギー      

★          ホウオウ(プレミアムファイル) 
★          ブーバー(化石)        
★          ブビィ(ネオ1)        
★          オーダイル(プレミアムファイル)
★          ストライク(ジャングル)    
★          ピチュー(ネオ1)       
★          マルマイン(第一弾)      
★          エレブー(第一弾)       
★          エレキッド(ネオ1)      
★          エビワラー(第一弾)      
★          バルキー(ネオ2)       
★          バリヤード(ジャングル)    
★          ゴース(拡張シート)      
★          ポリゴン(ファンクラブ)    
★          くいしんぼカビゴン      

★          おうごんのみ         
★          きあいのハチマキ       
★          パソコン通信         
★          突風             
★          ポケモンぎゃくしめい     
★          エネルギーリムーブ       
★          ミニスカート         
★          カスミのいかり        

★          リサイクルエネルギー               
★          その他のプロモーションカード  

ちなみにここで紹介した歴代殿堂ランク一覧は此方のwikiで確認できます↓
http://wiki.ポケモン.com/wiki/%E6%AE%BF%E5%A0%82%E5%85%A5%E3%82%8A

と、長らくお待たせしましたが、全旧裏面カードを使って一番盛り上がれそうな殿堂ランクはひとまずこんな感じです。

この殿堂ランクでやると一体どんな感じになるのか…と気になった方は)レインボージムニコ生支店までどうぞ!!…と宣伝してみる(爆

あと、少しデッキの幅は狭まるかも知れませんが、もう少しマイルドな対戦をするのであれば殿堂ランクに加えて「ポケモンのカードを20枚以上デッキに投入しないといけない」ルールを導入すると良いかも知れません。

次回は、レインボージムのデッキ紹介とか、その他のイベントの資料、試作段階だった頃のカード画像…のうちのどれかを特集したいなと思っています!

少し長くなりましたが、ここまで付き合って下さった方に多大なる感謝を捧げて今回の日記を終えたいと思います。お疲れ様でした!!
(`・ω・´)
カテゴリー: 殿堂ランク関係 | コメント: 0 | トラックバック: 0