海外旧裏面リバースホロ仕様カード紹介!

タイトルとはあんまり関係無いのですが…
今まで日記画像の表示スペースが狭くてクリックしないと画像全体が見れなかった当ブログ。

しかし!!この度、
画像をクリックしなくても全体が見れる
ようにしてみました!!
ページの下のほうに有るバーを右にドラッグすると、右の方まで画像が見れます!!

その他、色々細かい部分も変更して、ちょっとは見やすくなったと思います。

さて、そんな舞台裏の話は置いといて、今回は「ポケモンカード(旧裏面)収集ブログのsataku009さんとも話題に挙がった僕が最近探してるカード(リバースホロ仕様)について語ろうかと思います。


まずはこちら↓
えれくたばず
海外版エレブーさん。
こちらは無事にヤフオクにて入手できました♪(*・ω・*)めっちゃゴージャス!

エレブーと言えばキラカードじゃないレアカードとして有名ですが(過去に開催されたキラカード投入枚数制限のある大会でも大活躍でした)
やっぱり、強いからキラ仕様になったのでしょうか?ちょっと気になります。


そしてお次は↓
もんちゃん

キャー素敵☆エビワラーさん!(*'ω'*)
ちなみに僕はエビワラーは好きなポケモントップ10に来るぐらい 見た目 が好きです!

…でも!

ポケモンカードで使うといっつもストライク(ジャングル)に止められてダメージを与えられずに逃げるコストを2つ払ってベンチに引っ込むのがとても嫌な気分にさせてくれるカードでした!(爆

HPは70有るしエネルギーひとつで20ダメージ出せるしで、決して弱くは無いのですが、ちょっと重いですね…(というかストライクが軽過ぎる)

殿堂ランクが実施されてからは長い間「★★」で、最終的にも使い勝手の良いバルキーと同ランクの「★」扱いという、昔強い強いと言われた割に公式大会とかではちょっと不遇だったカードな印象があります(´・ω・)サワムラーさんはもっと悲しみを背負ってるけど

しかしこうして見ると、普段キラじゃないカードがリバースホロになるとゴージャスな感じでインパクトが有りましたが、キラカードがリバースホロになると背景がくっきり見えるので、これはこれで新鮮な印象を受けますね♪


そしてお次はウツギ!↓
エルムはかせ

うはwなにコレwwwww
トレーナーカードなのに光り過ぎだろwwwwwwwwwww

って思ったんですが、リバースホロのトレーナーカードって旧裏面だと日本版では無い仕様なんですよね。
今となってはもう無理な話ですが、プレミアムファイルとかにトレーナーカードを収録しても面白かったんじゃないかなーなんて思いました。

…「テキスト読みにくいぞゴルァ」とか言われそうですが。w


そして次は↓
ロケもん
R団のエビワラーさん!

拡張シートのサワムラー「・・・・・・・・。」

海外のエビワラーの人気に嫉妬!!
そしてやっぱり対戦では殆ど見かけない性能のサワムラーは人気が無いのでしょうか!?
サワムラーのHPが70で、のびるキックのワザの使用コストが1個少ない、もしくは威力が30だったなら歴史は変わっていたのでは無いかといつも思ってしまいます(´・ω・)


そして最後は…↓
ロケつー
R団のミュウツー!!

このカードは日本でも人気でしたね!
なんといってもワザが3つ有るのがカッコ良いです!

ゲームでも大人気のミュウツーでしたが、ポケモンカードでも何種類もプロモカードが作られるほど人気のポケモンでした。

ちなみにこの他にもサザンアイランドのミュウなんかもリバースホロ(日本のとは違う光り方)になってますが、それを書くと長くなるのでまた次の機会にでも(*・ω・)


と、こんな感じで日本では無い様なカードが存在する海外のポケモンカードに僕は興味津々です。
いつか実際に海外に行ってリサイクルショップ的な場所をめぐってみたいなーとか思いながら、今回の日記は終了です(*・ω・)ノシ
スポンサーサイト
(`・ω・´)
カテゴリー: 海外カードの話題 | コメント: 4 | トラックバック: 0

旧裏面ポケモンカード歴代殿堂ランク特集!

お待たせしました!
ジョン・タイター氏の協力により、過去のイベントの品々をそのまま現代にタイムスリップする事に成功しました!


…という前フリを以前エイプリルフールにやろうと考えていたのですが、公開する場所が無くて断念!
そこで、今回はごく普通に過去のイベントを懐かしみながら、ちょっと小話でも挟みつつ、今旧裏面フリーク達の仲でも話題の殿堂ランクについて語りたいと思います!
現役プレイヤーだった人は少しでも懐かしんで頂ければ幸いです。また、新規の方は、こんな時代も有ったんだなーって思ってもらえたら嬉しいです(*・ω・)

殿堂ランクの始まりは、このスプリングロード☆ネオからだったと思います。
春道マップ

当時、エスパー好きの僕はこのルギアが大好きでした。
ルギアは映画やカードGBなんかでも優遇されてるポケモンで、トレーナーズのカード人気投票でも上位にランクインしてた記憶が有りますね。

春道案内

友達と電車で行ったのですが、色々なコーナーが有って、前日からとてもワクワクして眠れないぐらいでした。
が、しかしこの大会に優勝することが出来たので、試合で対戦した以外は予選通過後の休憩時間に少しトレードコーナーを走りまわったのと、イベント終了後にもトレードをお願いしまくってたという記憶しか有りません(*・ω・)でも楽しかったです!

春道時間割

相当懐かしい代物なのですが、この日の決勝戦は今でも克明に覚えてます。
試合中盤、相手の化石のブーバーのえんまくを上手くコイントスでかわしたのと、土壇場で相手の突風からマグカルゴの猛攻を受けたメガニウムが「きあいのハチマキ」で凌いだこと、相手がこちらの「ねんちゃくえき」の効果を忘れててすごく嫌そうな顔してた事とか…

そしてお待たせしました!
これが元祖殿堂ランクのシート(現物)です!↓

バトルネオシニア表

なにげに「先攻プレイヤーは1回目の自分の番のはじめに山札から1枚カードを引くことが出来ない」というのが大会専用ルールというのが驚きです。
僕等レインボージムのメンバーは旧裏面ポケモンカードは圧倒的に先手側が有利だと考えているので、こういう後攻救済措置みたいなのは嬉しいですね。

あと、この頃から大会のルールで殿堂ランクと毎回セットで実施されてたのが「ポケモンのカードを20枚以上デッキに入れないといけない」というルールで、ちょっとデッキの幅が狭まりそうなのですが、これが中々に絶妙なバランスを取っていたと思います。

それと、さりげなくこの頃はまだ殿堂ランクのしるしが「★」ではなくて「U」なのが面白いです(*・ω・)

この頃は確かまだネオ3までしか出てなくて、その上バランス調整が難しいと判断されたのか拡張シート系のカードジム拡張系のカード使えなかったんですよね。そのせいで、それらに該当する強力なカードのランクは一切有りません。

…ジム拡張シリーズが使えたらナツメのゴーストデッキを使って僕のナツメ好きをアピールしたかったんですけどね(´*・ω・*)

しかし、ロケット団が使えるにも関わらず、わるいラフレシアがランク入りしてないという驚きの事実!

あのロックデッキは拡張シートのゴースやゴーストが居ないと攻め手に欠けるからだとは思うのですが…
それに加えてブビィププリンピチューなどの特殊能力メタカードも多かった事も少なからず関係してるのではないかと推測しています。

ただ、それでもこのレギュレーションでは気を抜いているとコダックの「ずつう」で初手ロックされてからわるいラフレシアを出されて惨事になりかねませんが(笑

そしてこちらは先ほどのシートの裏面↓
バトルネオシニア裏

紙の経年劣化が目立ちますが、それも含めて僕の思い出の一品です。

そもそも殿堂ランクとは…


さきほど掲載したシート内でも例で小さく触れられてますが、一部の強いカードをほとんどの参加者がデッキに入れて同じようなデッキにならないように設定された制限制度のことです。
それぞれカードにランク付けがされておりランクを4つ以内になるようにデッキ構築しなければなりません。

例:にせオーキドの逆襲+ダウジングマシーン
  ★★+★★=★★★★ ○
  
  ニューラ+プクリン
  ★★★+★★★=★★★★★★ ×

こんな感じですね。
リムーブは★(殿堂ランク)が1つなので、4枚入れても大丈夫です。


ちょっと話が変わりますが、このスプリングロード☆ネオでは、僕が草デッキで優勝するまではジュニアでは「バクフーン+エンテイ」が流行り、シニアでは「バクフーン+マグカルゴ」が流行っていたのですが、僕は先ず「ベイビィポケモン」と「きあいのハチマキ」対策が最重要と判断し、それが上手く環境と噛み合って優勝することが出来ました。

メガニウム+わるベトデッキでバクフーン相手は結構きつかった部分も有りますが、レインボージムの面子の中にはニコニコ生放送でもお馴染みの、炎使いのエキスパートの魔王殿下が居て、ずっと対戦してたので立ち回りには自信が有りました。

バクフーン相手の立ち回りのポイントは、ロケット団のおねーさんで相手の進化を妨害しながらわるいベトベトンでドローソースとなるベイビィを撃破していく、わるいベトベトンに使うポケモンセンターは出し惜しみしない、オーキドはかせも出し惜しみしない、最後に…HP40のチコリータは絶対にデッキに入れない(笑

以上ですね!

まぁ、上記の事は他のデッキ相手にも言えるのですが、相手よりも如何に早く場を展開できるか…そして妨害できるかが重要ですね。攻めの速さはこっちに部が有ると思いますし、弱点も毒と草で分散しているので結構なんとかなります。ジム拡張シリーズが使えないので「スタジアムカード」の種類が少なく、「ロケット団のアジト」がトラッシュされにくい点も心強かったですね。

鋼相手(特にハガネール)は下手すると長期戦になりますが、イワークのときに速攻を仕掛けると突破できますし、そもそもハガネールは「げんしのきおく」のプテラと絡ませないと火力があまり出ないので、あまりマークしてなかったですね。

当時のデッキレシピなんかも要望が有れば公開したいと思います。


そしてお次は…
バトルネオサマー表

バトルネオ☆サマーロード2001!!

流石にサマーと言うだけ有っていかにも「夏」って感じのホウオウのイラストが素敵です!

僕はこの大会は抽選漏れで出れなかったんですよね…(´;ω;)みやせんも抽選漏れしたし。
代わりに魔王殿下が出場し、バクフーンマルマインの超速攻デッキで見事3位入賞!

世間では無水と呼ばれるリサイクルエネルギーを4枚投入した省エネ仕様なキングドラデッキが流行っていた時期ですね。
当時このデッキは最強と言われてましたが、僕らは密かに無水デッキの穴も見つけていました。

拡張シートにポケモンタワーというカードが有るのですが、このカードには

「お互いのポケモンやプレイヤーの使う「ワザ・特殊能力・トレーナーカード」の効果のうち、「トラッシュからカードを取り出して手札に加える」効果は、すべて消える。(それ以外の効果は、そのまま)」

という効果が有ります。

しかし、ちょっと記述が怪しいなと思って実際にサポートセンターに電話して詳しく効果を聞いてみたところ、「ワザ・特殊能力・トレーナーカード」の効果の他に、「エネルギーカード」の効果も消すことが出来るとの事が判明。
これらの事は現在のポケモンカードwikiにも書かれていませんが、覚えておいて損はしないと思います。

なので、リムーブ等とポケモンタワーを組み合わせてリサイクルエネルギーを封印すれば無水デッキ以外でも優勝を狙える…と思って決勝リーグ直前まで行ったメンバーも居るのですが、惜しくも届かず。中々勝負というものは難しいものです。

さて、少し殿堂ランクから話が逸れましたが…

バトルネオサマー裏

↑これがwikiや世間一般でいうところの殿堂ランク第2世代(第3世代)ですね。
最終的な殿堂ランクと比べると、プロモーションカードが使えない点、各種カードの制限がゆるい点…この2つが目立ちますが、全シリーズのカードが使えるようになり、長年レインボージムの中でも愛用されてきたレギュレーションです。

皆さんは旧裏面で殿堂ランクを遊ぶ際、wikiとかで最新のランクを見て使うと思うのですが、これ以降の第4世代、第5世代の殿堂ランクは新裏面のエラッタ(サポータールールやリムーブ系カードのコイントス、特殊能力の使用条件の変更等)が掛かっているので注意が必要です。

ちょっと第4世代の殿堂ランクの資料を紛失してしまったみたいなので(wikiで確認した限り殆ど第5世代のものと同じ内容ですが)、旧裏面が使える殿堂ランクの最終版…第5世代の資料を紹介しようと思います。

日本一決定戦レギュ

↑これが第5世代の殿堂ランクです。(カオスムーブのゲンガーデッキで日本一決定戦に出場したときのものです。)
まず、「悪」と「鋼」エネルギーカードの★が無くなってる点に目が行きます。
まだこの頃は「悪」「鋼」の特殊エネルギーカードを「悪」「鋼」以外のポケモンに付けても効果を得られるにも関わらず、こっそり殿堂ランクから除外されてるのは、デッキのバリエーションを狭めないためでしょうか?

しかし、より注目すべき点は、右下の大会ルール②のところにあるエラッタカード(エネルギー・リムーブ、超エネルギーリムーブ)や、右の方にあるサポーター適用カード(ロケット団のワナやカスミのいかり等)で、これらのカードは新裏面に合わせて弱体化されたので殿堂ランクから外れたという事を忘れてはいけません。


なので!!

第五世代でカバーできてない部分の旧裏面カード(新裏面のエラッタがかかってしまった旧裏面カード)をカバーした殿堂ランク表を作ってみました!!!

旧裏面カードを全部使いたいけどエラッタとかややこしいし、サポータールールは旧裏面らしくない!と思う人や、純粋に旧裏面カードだけで最強のデッキレシピを追求したい人なんかにオススメかも知れません。


殿堂ランク          カード名称
★★★★       ニューラ(ネオ1)       
★★★★       わるいラフレシア       

★★★        エリカのプリン        
★★★        ベトベトン(化石)       
★★★        プテラ(化石)
★★★        バリヤード(拡張シート)    

★★         ピクシー(ジャングル)     
★★         ピィ(ネオ1)         
★★         ラッキー(第一弾)       
★★         プクリン(ジャングル)     
★★         マグカルゴ(ネオ3)      
★★         カメックス(第一弾)      
★★         R団のサンダー         

★★         ダウジングマシーン      
★★         錯乱ジム           
★★         超エネルギーリムーブ     
★★         にせオーキドの逆襲      
★★         ロケット団のワナ       

★★         無色2個エネルギー      

★          ホウオウ(プレミアムファイル) 
★          ブーバー(化石)        
★          ブビィ(ネオ1)        
★          オーダイル(プレミアムファイル)
★          ストライク(ジャングル)    
★          ピチュー(ネオ1)       
★          マルマイン(第一弾)      
★          エレブー(第一弾)       
★          エレキッド(ネオ1)      
★          エビワラー(第一弾)      
★          バルキー(ネオ2)       
★          バリヤード(ジャングル)    
★          ゴース(拡張シート)      
★          ポリゴン(ファンクラブ)    
★          くいしんぼカビゴン      

★          おうごんのみ         
★          きあいのハチマキ       
★          パソコン通信         
★          突風             
★          ポケモンぎゃくしめい     
★          エネルギーリムーブ       
★          ミニスカート         
★          カスミのいかり        

★          リサイクルエネルギー               
★          その他のプロモーションカード  

ちなみにここで紹介した歴代殿堂ランク一覧は此方のwikiで確認できます↓
http://wiki.ポケモン.com/wiki/%E6%AE%BF%E5%A0%82%E5%85%A5%E3%82%8A

と、長らくお待たせしましたが、全旧裏面カードを使って一番盛り上がれそうな殿堂ランクはひとまずこんな感じです。

この殿堂ランクでやると一体どんな感じになるのか…と気になった方は)レインボージムニコ生支店までどうぞ!!…と宣伝してみる(爆

あと、少しデッキの幅は狭まるかも知れませんが、もう少しマイルドな対戦をするのであれば殿堂ランクに加えて「ポケモンのカードを20枚以上デッキに投入しないといけない」ルールを導入すると良いかも知れません。

次回は、レインボージムのデッキ紹介とか、その他のイベントの資料、試作段階だった頃のカード画像…のうちのどれかを特集したいなと思っています!

少し長くなりましたが、ここまで付き合って下さった方に多大なる感謝を捧げて今回の日記を終えたいと思います。お疲れ様でした!!
(`・ω・´)
カテゴリー: 殿堂ランク関係 | コメント: 0 | トラックバック: 0

旧裏面日本一決定戦 in 2012年!!レギュレーションなどなど!

日記タイトルみたいな事を、いつかやれたら良いなぁ~などと、漠然と思いながらニコニコ生放送をやってる白音紅です(*・ω・)

もしやるなら、全旧裏面カード使用可能(公式大会で使えないとの記述があるものは不可)で、殿堂ランクレギュレーションを採用してやってみたいです。

でも地元でやっても人集まらなさそうなんですよね(´・ω・)足りないカードはプロキシとか貸し出しとかで補えそうだけども。

でもでもまぁ、今となってはアンダーグラウンドの存在となってしまった旧裏面カードのバランスの良さや爽快感に気付いた人々が徐々に増えたりして、いつかやれたら良いなーとか夢見てみるのも楽しいものです。…ちなみにそれなりにカードは持ってる方だと自負しているので、景品は色々用意できそうです(笑


そんな訳で、ポケモンカードはBWが主流になった今、あえて旧裏面業界を更に盛り上げる為にも色々な所に手回しを始めた僕なのですが、今日は僕の放送などでも度々出てくる殿堂ランクについて記載しようと思ったのですが…


最近ネットにいきなり出てきた僕みたいな今のポケモン業界では然程名前が通ってない人物が偉そうに物事を言っても何の説得力も無いのかなーとも思ったので、

今回は、

僕が過去にどれぐらい旧裏面ポケモンカードに情熱をそそいでたのか

という事から語っていこうと思います。


まずはこちら↓
関西シニア優勝カード

旧裏面のスプリングロード☆ネオでの優勝カード…というか盾です。
(ちなみに実物には本名が入ってるので名前欄だけちょっと加工してます。トレー○ーズの○月号を見れば本名バレバレですが)

ちなみにこの大会のときに初めて殿堂ランクが登場しました。

正直殿堂ランクを使わない対戦だと、先手側が手札を大量のドローカードでブン回ししながら「にせオーキドの逆襲」や「ロケット団のおねーさん」「ロケット団のワナ」等のカードを使って相手の手札を殆どゼロに出来てしまったり、拡張シートのゴース等を使って相手のトレーナーカードをロックしたり出来てしまうので、こういった分かりやすい制限ルールは画期的であり、当時の僕らの中では対戦をより熱狂的なものに盛り上げる要素となりました。


そして次の思い出のカードはこちら↓
マスターリーグ優勝

このカードは盾に入ってるものではなく、アルバムに収納されてるものなので、綺麗にスキャンできてます(例によって名前欄だけは加工してますが)

あと、「画像が旧裏面じゃないじゃねーか!!」とか言われそうですが、このバトルロード☆サマー2002は「旧裏面と新裏面が30:30の比率で構築できて尚且つ殿堂ランク搭載の特殊なルール」で開催されたものなので、かろうじで旧裏面が関係しています。

この時代はサポータールールへの移行や、エネルギーリムーブのエラッタデッキ内に投入できる旧裏面のトレーナーカードの制限など…色々な変更が有りましたが、それでも旧裏面カードが絡んだコンボを考えるのは楽しかったです。

ちなみにシニアは「わるいベトベトン+メガニウムデッキ」で優勝、マスターは「ゲンガーのカオスムーブデッキ」で優勝しました。

その後参加した日本一決定戦は…
少し悲しい出来事も有り、入賞を果たせず、そうこうしてる間に旧裏面ポケモンカードの時代が過ぎ去ってしまい、僕はポケモンカードを引退することになりました(ADV初期ぐらいまではなんとか把握してますが)。

最近のポケモンカードは弟が偶然やってるのを見かけてちょっと触れてはみたのですが、進化しなくても出せるEXポケモン(ミュウツーEXやダークライEXなど)が強過ぎる上に、それらをサポートするカードもかなり強く、手札を循環させるカードが1ターン内に連続して使えないので、わざわざデッキスペースを割いてまで1進化や2進化のカードを使う意味があまり無いように感じてしまい、ちょっとアレな気持ちになりました(´*・ω・)旧裏面で例えると、化石のカブトプスジャングルのパラセクトネオ1のニューラジム拡張2のR団のサンダーと戦ってる気分…

最近はポケモンEXのワザを受けないシンボラーとかも出たそうですが、なんだかADV初期時代のソーナンスVSレックウザexの構図を思い出します。

今回の日記では、僕は今のポケモンカードを否定する気は全くありません(今のポケモンカードについて議論できるほど触れても居ませんし。)
でも、昔の長年に渡って煮詰められた旧裏面殿堂ランクでの対戦が好きだ!!そして今やっても新カードに負けないぐらい面白いぜ!!!という事を主張したいです。


サクッと短く終わらせるつもりでしたが、少々長くなりました(汗
次回はいよいよ、旧裏面殿堂ランクについて色々語ってみようかと思います。それではまたっ
(`・ω・´)
カテゴリー: お知らせとか | コメント: 2 | トラックバック: 0

ポケモンの新作が出るとかなんとかで。

密かに今日はヤフオクで結構長い間探してたブツを落札できたので、ゴキゲンハッピーな白音です♪

なので!

今回は新作オリカをこっそり公開してみようと思います!

じゃじゃん♪

homika
※背景はここからお借りしました↓※
http://www.westside.co.jp/otacd/haikei/index.htm

トミカ?いいえホミカです!

なにやらこの娘は、ポケモンブラックホワイト2「毒使いのジムリーダー」らしいのですが…

このキャラめっちゃ可愛い!

カードテキストの方は、【コインを投げて「おもて」なら、相手の対戦ポケモンを「どく」状態にする。「うら」なら、相手の対戦ポケモンを「こんらん」状態にする】…という、旧裏面の中では割と極悪な内容ですが、この効果は公式サイトの台詞から連想して考えました。

ホミカ「いくよ!あんたの りせい ブッとばすから!!」

…これは夏に薄い本が出そうなry

しかし全身バージョンはちょっと画像がわかりにくかったので色々と大きくなったVerも作ってみた(*・ω・)
homika02.jpg


なにはともあれBW2は他のキャラもイイ感じなオーラを出してるので、今回は予約して買おうかなっと思いました♪
(`・ω・´)
カテゴリー: 旧裏面ポケカオリカ関係 | コメント: 0 | トラックバック: 0

a visiting card.

このブログでは旧裏面ポケモンカードに関する割とマイナーそうなネタを中心に取り扱っていこうかなーとか考えてるのですが、記念すべき第2回目の記事は…

タイトルにも有る通り、「visiting card」…つまり「名刺」について語ろうと思います!

その昔、トレーナーズという旧裏面ポケモンカード雑誌の「プレイヤーズジム」という企画に応募したときに貰ったオフィシャル名刺がこちら↓

名刺おもて

…ここに載せたものはちょこっとだけ僕が手を加えてますが、当時まだ名刺を持つなどという発想すら無かった僕は、この名刺をもらえてとても嬉しかった記憶が有ります。
ちなみに「ヘッドリーダー」という言い回しにピンと来た人は電撃ピカチュウ愛読者だと勝手に妄想してます。

この企画の「プレイヤーズジム」は全国各地に設立されていて、その中でもNo006という数字は結構な初期ナンバーだと自負しています。

また、「レインボージム」という名前は「メンバーがそれぞれ色々なタイプのデッキを使う」ことが由来で、更にメンバー内では勝率によって「四天王」「たんパンこぞう」といったクラス名を決めて遊んでました。

そして、この名刺の裏面はメモ用紙仕様になってるのですが、当時の僕はイベント等で配る際に「当たりカード」みたいなノリで裏面に「謎の一言」「ジムのメンバー表」みたいなのを書いていました。
(最近まですっかり本人も忘れてたようなネタなのですが、「当たり名刺」を貰った人が教えてくれました(笑))

せっかくなので当時の「当たり名刺」「現代風」に再現してみました↓
名刺うら

昔と比べると、10年以上の年月が過ぎた今はもうメンバーもかなり散り散りになってしまいましたが、当時はジムのメンバーも約30人ほど存在し、全員がビックリするぐらい仲が良くて、カードも個人所有というよりもジム内で所有という感じで、メンバー全員で協力して足りないカードを集めて研究、そして日々対戦にて実践と研究のトライ&エラー…という、中々に理想的な環境で旧裏面ポケモンカードを楽しむことが出来たなぁ、と思います。

…あ、ちなみに今もみんな仲良いですよ!

現在名刺の在庫は昔の4ぶんの1ほどになりましたが、まだまだ有るので欲しい人、もしくはレインボージムに参加希望の人が居れば配ろうと思ってます。…が、近場でやってる人はみんな身内という現実!


じゃあ…今回の最後はなつかしの あの フレーズで締めくくりましょうかね。


ニコニコ動画やイベント会場で見かけたら、気軽に声を掛けテクスチャー2!
カードトレードや対戦もドンドンしてくだサイドン!!(`・ω・)ノシ
(`・ω・´)
カテゴリー: 旧裏面ポケカオリカ関係 | コメント: 0 | トラックバック: 0

レインボージムのホームページ、生誕…!!

はじめましての方も、そうじゃない方も…みなさんこんにちは!
旧裏面ポケモンカードプレイヤーの白音紅(しろねこう)です♪
最近はニコニコ生放送mixiとかに手を出しながら、密かに活動しております。

すべての始まりはそう、今から十数年前--------------------------

過去に旧裏面ポケモンカードをやり込み、そしていつしか新裏面の時代が到来し、散り散りになったメンバー達。
しかし、偶然と気まぐれと運命っぽいものにより、再び当時の面子が(少しだけど)再集結…!!

そして、新たな仲間達(旧裏面ポケモンカードフリーク)と出会い、色々な情熱が復活したので今此処に、


レインボージムのホームページを設立…!!



で、画像が何も無いのも寂しいし、せっかくなので記念カードの画像をば…↓
RGYMピカチュウ


画像は「お誕生日ピカチュウ※英語版」(僕らの仲間内では通称「おたピカ」でした)!
ちょっとスタイリッシュに英語版をチョイス!

当時僕らの中では「ひかるポケモン」に並んでの人気カードで、僕もあんまり持ってないカードです。
日付は、このホームページの開設日にしようかなーとも思ったんだけど(4月7日にHP開設、記事の初投稿は4月10日)、ちょうど当時のレインボージムの開設日が分かる資料が出てきたのでこの日付にしました。

と、いきなり長々と語るのもアレなのでこの辺でしめます(汗

自分は筆不精なうえに初のブログ製作なので、なにかと見苦しい点も有ると思いますが、最近密かに全国各地で盛り上がりを見せる「旧裏面ポケモンカード」を、更に盛り上げて行けたら良いなと思っておりますのでどうか宜しくお願いいたします。
(`・ω・´)
カテゴリー: お知らせとか | コメント: 8 | トラックバック: 0