スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(`・ω・´)
カテゴリー: スポンサー広告

【ナツメデッキ】アルティメットナツメマニアクスVol.7【発売16周年記念】

2015年2月26日------------------------

そう!今日は1999年2月26日に「ナツメデッキ」が発売されてから、ちょうど16年目の日なんです!!
150225_2307~01

前回の「アルティメットナツメマニアックス」の記事を書いてからだいぶ月日が流れ、書き残したネタをいつか書きたいなと頃合を伺っていたんですが・・・

いつやるの?今でしょ!!

ということで突発的にナツメづくしの記事を書いていきたいと思います(`・ω・)

あ、あとその前に私信なんですが、先週に携帯電話を落としてしまい、非常に困っております。警察にも届出を出したんで、とりあえず見つかるまでは落とした携帯の使用契約を停止させ、5年前に使ってた携帯電話の封印を解いて代用してるので電話番号やメールアドレスなどに変更は無いんですが、このブログをやり始めてから知り合った方々のメールアドレス等が全部紛失されてしまったので、「またメールアドレスとか電話番号送ってやんよ!」という優しい方は、良かったらまた僕のほうまでメールを送って頂ければ非常に助かります(汗

16年・・・・・こうして振り返ると、結構長いですね。
歴代ナツメ
ナツメも少女からレディになる訳ですよ(*・ω・)

まずは前回のナツメ話で中途半端にしか紹介できてなかったVHS版ナツメについて書いていこうと思います。
150226_2144~01
「バイバイバタフリー!」結構古参のポケモンファンの人なら観た事がある方が多いんじゃないでしょうか?サトシ達がバタフリーを見送ってる感動的なシーンなんですが・・・

そう、よく見ると左下の方にナツメが居るんです…!!モルフォン大好きなナツメも一緒にバタフリーを見送ってるんです・・・・・!!(違

なんかこうして見るとツイッターで流行のコラージュ画像みたいにも見えますが、公式のパッケージイラストです(*・ω・)

150226_2145~01
裏面がこちら。
そう、なんでこんな不自然にパッケージにナツメイラストが込みこまれてるのかというと、VHS版ポケモンの11巻にはナツメが出てくる22話の「ケーシィ!ちょうのうりょくたいけつ」が収録されてるからなんですね。

ちなみにこのVHS、2話入ってて1980円で販売されてたんですが…BW時代は新旧で2話入ったDVDがお菓子のおまけで付いてくる…なんて時代になったので、非常に時の流れを感じさせる代物だと思います。

150226_2146~01
そしてこちらがオマケ扱いのオリジナルジャケット。
ナツメ関係のジャケットなら嬉しかったんですが、「岩場にある倉庫」という、非常に渋い絵コンテのジャケットでした。結構取り外すのが難しかったりするんで、あんまり取り外したくないですね(*・ω・)

150226_2035~01
そしてそして!
今回すごく紹介したかったのがこの画像左のレンタルVHS版ポケモン8巻です!
右のVHSの12巻は前回のナツメ話でも紹介したもので、さきほど紹介した2話入りVHSシリーズなので、1980円します。

150226_2035~02

横から見るとこんな感じ。レンタル版はムサシが目印なので、TSUTAYAにいったら探してみましょう!

150226_2035~03

裏面はこんな感じ。
レンタル版VHSは1本で3話入りなので、8巻は22話から24話まで全部がナツメの話で構成されているという、ナツメファンにとっては神のようなアイテムだったりします。

また、レンタル版は「オマケ」が無い代わりに「缶バッジ」の抽選プレゼントがありました。
1000名に当たるので、「割と余裕で当たるんじゃね?」とか思って昔自分も応募したんですが、見事に外れました・・・当時は結構熱心なポケモンファンが多く、レンタルビデオも人気で貸し出し中のままになってるものが多かったので当選倍率が低かったのかも知れません。「ユンゲラー」のバッジ欲しかった(´*・ω・)

・・・が、なぜか「ラッタ」のバッジだけは当選したことがあります。やはり人気があんまり無さそうなポケモンは当選しやすかったみたいです。

150226_2036~01
中身はこんな感じ。
最近はVHSを再生する機械も減ってきましたね。

150226_2037~01
1980円のVHS版のオマケジャケットはなんと「ポケモンタワー」!アニメ版のシオンタワーのデザインは中々面白いと思います(*・ω・)

150226_2151~01
「もうVHSなんて再生できねえよ・・・orz」と、お困りのナツメストの貴方・・・!そう、ナツメの活躍はDVDでも見れるんです!!!

150226_2152~01
収録されてるのは「ポケモンDVD TVアニメコレクション【めざせポケモンマスター!篇】」の4巻で、初代アニポケの24話の「ゴーストVSエスパー!」が収録されてます。

150226_2153~01
22話や23話は観れませんが、ナツメの素敵な笑顔がDVD画質で観れるので、ナツメストであれば是非抑えておきたい逸品です。

main_jk.png
DVDといえば「ポケットモンスター THE ORIGIN」にもちょっとだけナツメが出てきます。

WS000025.jpg
以前紹介した「ポケットモンスター全書」を彷彿とさせる超スピーディーなバトル展開がウリみたいです。

WS000011.jpg
デザインは初期のものに近いですが・・・手袋してません!!
あと、お腹も黄色ではなく黒いデザインですね。

WS000015.jpg
まがって いらい・・・・・・ わたし エ     エロ少女?(*`・ω・)

と、やや駆け足気味に解説しましたが、映像関連は大体こんな感じです。
ナツメデッキ発売16周年記念なので、そろそろカードの話題にいきたいところですが、ナツメのカードに関しては前回ほとんど語ってしまったので今回は更にニッチな方面で語っていこうと思います。

yamityou01.jpg
我が家に長年封印されている「闇からの挑戦」のコロコロプロモ未剥がしシート!この画像だけで何のカードがわかった人は中々の旧裏面フリークだと思います。

yamityou02.jpg
答えは「キョウの忍者ジム」と「サカキのニドキング」ですね!
なんかキョウが「切り札に使え!!」とか言ってますが、「キョウの忍者ジム」はなるべく序盤に展開したいカードですね。

スタジアムの効果で毎ターン自分の番ごとにコインを1枚投げることができて、「おもて」がでれば山札から「キョウのたねポケモン」を1枚サーチしてベンチに出せるので、「フジろうじん」と組み合わせて使ってみると面白いかも知れません。

また、余談ですが「セキチクシティジム」は「キョウの忍者ジム」とは反対に、コインを投げて「おもて」が出れば自分の場に居る「キョウのポケモン」を1匹選んで山札に戻せるので、「フジろうじん」を使わずにこのカードで切り替えて使用すればカッコいい感じがしますね。

あと、なにげに「フジろうじん」とは違って「セキチクシティジム」は自分のバトル場も指定することが出来るので、咄嗟の回避手段としても中々優秀だったりします。
ただ、「キョウのポケモン」はそこまで耐久力が高くないのがちょっと悩ましいところです。

「サカキのニドキング」もなるべく序盤に展開したいカードです。
特殊能力の【めいれい】は「サカキのニドラン♂」と「サカキのニドリーノ」のワザのダメージを10あげることが出来る能力です。

「サカキのニドキング」を2体以上作ってもプラスされるのは10だけというのがちょっと悲しいところですね…(´*・ω・)

しかし、「サカキ」を使えば「サカキのニドキング」を1ターン目から登場させることが可能で、「げんきのかけら」や「バトル場は穴だらけ!」を使って「サカキのニドラン♂」にダメージカウンターを乗せて「いかりのいちげき」を使えば…
コイントス無しの1エネルギーで40ダメージを確実に出すことができる
という、スーパーロマンを秘めているので、特化したデッキを作ればちょっと面白い動きが出来そうだと思います。

あと、更に余談ですがこの【めいれい】の効果は「相手のベンチへのダメージは増えない」という旨の記述が無いので、なんらかの手をこうじて「サカキのニドラン♂」や「サカキのニドリーノ」がベンチ攻撃を使うことが出来れば相当な強さを誇ったのではないかと思われます。
(旧裏面時代には「ワザマシン」みたいなカードが無いので彼等がベンチ攻撃を実現するのは無理な話ですが…)

「じひびき」は4エネで50ダメージ+相手を1ターンにげれなくする効果があるのでそこそこ強い気配はします。が、どうせ4エネ貯めるならキラ版の「サカキのニドキング」に貯めて「ローリングアタック」を狙ったほうが強いという悲しさがあります(´*・ω・)


と、なんだか長々と解説した割に「ナツメ関係なくね?」と思われそうですが、スキャン画像の右下に「闇からの挑戦」の拡張パック写真があり、そこにナツメが映ってるのでここで紹介してみました。
この2枚のプロモカードは両方描き下ろしイラストな上に独自の効果を持ったカードなので、結構好きなカードです。効果もちょっと面白いのでいつかデッキを作ってみたいですね。

ナツメカツラプロモ50
さて、続きましてこちらのカードは・・・なんか右のほうで既にカード内容のネタバレしてますね…(汗

ナツメカツラプロモ250
そう!「ナツメのケーシィ(Lv12)」と「カツラのガーディ(Lv17)」ですね!
先ほど紹介したサカキやキョウと比べると、あまり面白みの無いというか無難な台詞が書かれているのが少し残念かも知れません…(´*・ω・)切り札とか言おうよ

という冗談はさておき、「ここがすごいぞ!」と書かれている部分について考察していきたいと思います。
まず「ナツメのケーシィ」のすごい部分なんですが、「シンクロウェーブ」の2エネ40ダメージは確かにすごいんですが…
火力や殴り合い性能に関してはナツメデッキに入ってるHP50の「ナツメのケーシィ(Lv18)」の1エネで10もしくは30ダメージを飛ばせるというスペックが凄すぎるので、実はあんまり凄くなかったります(涙

しかし…!
実はこの「ナツメのケーシィ(Lv12)」は『にげるコストがゼロ』なのがすごいんです!!

いやまぁ「エネループ」という中々強力なワンキル性能を持つ「ナツメのケーシィ(Lv11)」も逃げるコストゼロなんですが、こちらの「ナツメのケーシィ(Lv12)」は「ナツメのフーディン」を作って【サイコリンク】を使うときにベンチに置いておくと中々便利で、2エネ圏で相手を牽制できるようになります。
あとはなにより「にしだあつこ」さんの描き下ろしイラストっていうのが凄い部分だと思いますね…!


続いて「カツラのガーディ(Lv17)」のすごい部分を考察していきます。
「ふりとばす」を使ってイヤな相手を追い払おう…!とか書いてますが…

僕の経験上、旧裏面はイヤな相手を後に回してもあんまり良いことは無いです(爆)

「カツラのガーディ」といえばこれまたカツラデッキに入ってるHP60の「もえあがる」を使える「カツラのガーディ(Lv20)」が最強という風潮が非常に強く、実際に相当強いカードなんですが、このカードにも利点はあります。
しいて言うなればこの「カツラのガーディ(Lv17)」のすごいところは、「カツラ」を使うことで1ターン目からコイントス要素無しの30ダメージを飛ばせる部分にあると思います。
「プラスパワー」と「ディフェンダー」を1枚ずつ貼れば、40ダメージを出しつつ自分への反動ダメージも消せるので中々強烈な展開ができます。

攻めの「カツラのガーディ(Lv17)」、守りの「カツラのガーディ(Lv20)」といったところでしょうか。…「カツラのガーディ(Lv15)」(ベンチ攻撃楽しい!)の事は忘れてください。

やっぱり旧裏面カードの解説になると一気にいつものブログっぽくなりますね!(果たして今日中に書き終わるのだろうか…)
まだまだ「闇からの挑戦」を紹介していこうと思います!
トレーナーズvol.2
トレーナーズでも特集された時期がありました!
こちらのハンドブック、当時は中々重宝しました(*・ω・)

hyousi50.jpg
完成させるには「輪ゴム」が要ります。ちなみにトレーナーズには「輪ゴム」は付いてきません。

nakahyousi0250.jpg
「ジムリーダーから最後の挑戦?!」と書かれているのがなんだか哀愁を感じます…カツラのマンキーさん……(´;ω;)

0250.jpg
左の3枚にはレアリティマークがありますが、右の3枚はナツメデッキにも入ってるカードなのでレアリティマークがありません。

0350.jpg
こちらのページでもナツメデッキに入ってるカードにはレアリティマークが無いんですが…
なんと、パックからしか出ない筈のキラ仕様じゃないノーマルナツメもレアリティマークがありません…!

キラ加工が写真では見えにくくなってるのかなとも思いましたが、キラ加工のあとが全然見えないのでおそらくテスト版カード(キラ加工前のカード)だと思われます。
こういう仕様のカードが一般流通に紛れ込んでないかなーとか思い続けて早16年が過ぎましたが、未だに出逢えてません(´*・ω・)ノーマルナツメはレアリティマーク絶対あります…

0450.jpg
こちらのカードもナツメデッキに入ってるカードにはレアリティマークが徹底して表記されていません。

0550.jpg
こちらのページでは拡張パックからしか出ないカードばかりなので全部にレアリティマーク表記があります。僕の相棒の「ナツメスピリッツさん」も居ますね( *・ω・)

0650.jpg
「使いこなせる?このカード」の項では「ナツメのサイキックコントロール」が特集されています。なんかこういうこと書かれると使いたくなりませんか?
このカードはリサイクルと違って即効性があるものの、相手依存なので結構癖が強いカードですが、後手スタートからの巻き返しや、対戦相手が変わるごとにちがう顔を見せるという楽しさがあります。
「確実性」を求めるプレイヤーには敬遠される傾向にありますが、僕はこのカードに無限の可能性を感じるので、旧裏のトレーナーカードの中でもトップクラスに好きなカードです。

結構長くなったんで一旦ここで終わろうと思います(*・ω・)それでは皆さん、良きナツメライフをっ
スポンサーサイト
(`・ω・´)
カテゴリー: ナツメ話 | コメント: 0 | トラックバック: 0

【僕とナツメの】旧裏面オフ2015冬、開幕!決勝リーグ【ラストダンス…!】

前回までのあらすじ(※文字クリックでジャンプします)→旧裏オフ2015冬~予選リーグ篇~

時刻は16時に差しかかろうという頃、旧裏面オフの決勝リーグが始まろうとしていた-----------------

予選を突破した僕の最初の相手は……

daigo.png

だだちよさん!
だだちよさんと言えば「メガニウム」や「わるいベトベトン」といった緑のイメージが強いんですが…
CIMG3366.jpg

初手対面は僕の「タケシのロコン」VSだだちよさんの「テッポウオ」……!まさかの開幕圧倒的不利対面………!
だだちよさんは今回はなんと水タイプでの参戦……!

僕が使う「ナツメスピリッツ2015エディション」はメインアタッカーがゴースト(超)タイプなので、
基本的に弱点を突かれ難い構築にはなっているんですが、「タケシのロコン」や、化ける前の「タケシのキュウコン」は水が弱点なので、たびたび「カスミのヒトデマン(スターブーメラン)」や「ワニノコ(ネオ1)」に苦しめられることがあります。

「テッポウオ」は幸いにもコインを投げておもてなら高火力~といったテキストのワザを持っていなかったので難を逃れることができました。
CIMG3367.jpg

が、今回はドローソースに乏しい手札になってしまい、2ターン目に「ナツメのゴースト」になれず、頼みのナツメのサイキックコントロールは…

が・・・・・駄目っ・・・・・!


うら……!
手札も使い切ってゼロになってしまうというかなりピンチな状態に…


しかし……!


土壇場…………!圧倒的土壇場…………!!


そんな土壇場での……

nururi.jpg

トップドロー「オーキドはかせ」……!悪魔的剛運………!


これにより場が一気に充実し、みるみるうちに息を吹き返していくナツメスピリッツ……!!
CIMG3368.jpg
だだちよさんのベンチにも「ストライク」が見え、鋼エネルギーがつけられたことにより、「わるいオクタン」&「ハッサム系」デッキであることが判明。

水&鋼という組み合わせは一見すると異色のコンビに見えますが、ポケモンカードe時代には「ハッサムランターン」というデッキが一世を風靡したことがあり、現在の旧裏環境ではトップメタとも言える「わるマタ」に対して有利な組み合わせの色で、タイプ的にも相性を補完している優秀な組み合わせであると言える組み合わせと言えます。

そして4回コイントスのナイトスピリッツを放ち、60ダメージを与えて「わるいオクタン」をきぜつ寸前まで追い込みます。

その後、自分の番が来たときに「エネルギースタジアム」を出して、「わるいオクタン」の最大HPを60に戻して突破。
そのままベンチの「わるいハッサム」をバトル場に引きずり出し・・・
CIMG3369.jpg

ここで一気にトドメを刺すことは出来ませんでしたが、そのまま「ナイトスピリッツ」でゴリ押して勝利を掴み取りました…!


繋がる……ナツメスピリッツの勝利への道が…………!!


そして続く決勝リーグ2戦目の相手は----------------------

jirarudan.png

またしても僕の前に立ちふさがるソラさん………!

ソラさんのデッキには大量のプラスパワーが搭載されていることが予選リーグの戦いで判明しているので、なんとしても先手でスタートしたいところ。


なんですが……


CIMG3370.jpg
圧倒的後手スタート…!しかも……ベンチ無し……!!圧倒的敗北感………!!!(ちなみにソラさんが山札シャッフル中に撮影したので山札がありません(汗))

ソラさん「さっきの試合では後手でしたが、今度は先手……このアドヴァンテージは大きい………!」

開幕マサキ連打から驚異的なドロー加速を見せるソラさん。
ベイビィポケモンをベンチに下げ、新たに出現したポケモンは--------------------------


カスミのニョロモ………!!!


マズイ…!これは相当にかなり劇的に超マズイ………!
「カスミのニョロモ」といえば、カスミウィニー等のデッキでスターブーメランと組んで幾多のデッキを1キルのもとに沈めていった超速攻アタッカー……!

プラスパワーが1枚、2枚……徐々に、そして確実に死へのカウントダウンを始める………!

ソラさん「あと1枚のプラスパワーでナツメのゴースはきぜつ……!」

依然として止まらないドロー加速……そして更に「ナツメの眼」が発動………!

白音紅「………!ナツメの眼………ナツメ………ここに来てそのカード……!」

祈る……!神に………ナツメに………!3枚目のプラスパワーがめぐって来ない事を……!

自分が使えば頼もしいナツメの眼…!しかし、相手に使われたときはどうしようもなく心臓に悪いカード…
かつてこれほどまでナツメの眼にドキドキしたことが有っただろうか……!?


が…………!
CIMG3371.jpg


わずかに足らず……!白音紅、九死に一生を得て……奇跡的に踏みとどまる……!

白音紅「勝利の女神(ナツメ)ってヤツは、案外ツンデレみたいでね……まだ僕を殺したくは無いらしい」

ホッと胸をなでおろす僕。なんとか初手を無事にやりすごすことが出来た。
一気に場を展開し、こちらの反撃を開始すべく、場を展開していく。


が………再び絶望のドン底が白音紅を襲う………!!


ここに来てドローソースが底を尽きる…!更に……「ナツメのサイキックコントロール」も「うら」……!
そんな中、最後の……一握りの希望を籠めて使う「リサイクル」のコインは……




……「おもて」!!



またしても繋がる……!土壇場の中の土壇場での細い細い……希望の光……!

「オーキドはかせ」を山札に戻し、次のターンの起死回生に賭けるべく、手負いのナツメのゴースをベンチに逃がし、ターンを終了する。

CIMG3372.jpg


が…………!またしても再び絶望のドン底が白音紅を襲う………!!



ソラさん「いま山札のトップに戻った『オーキドはかせ』には消えて頂きますよ」


ここで再び発動される「ナツメの眼」………!シャッフルされる山札……!消えゆく希望………!圧倒的絶望感………!

再びナツメからの試練を受ける白音紅……
聞こえる…ナツメの声が聞こえてくる………

ナツメ「フフフ…どうした?お前の執念はそんなものか?私のコレクター、世界1のナツメストを名乗りたいのであれば…これしきの苦難、運命力とやらで乗り越えてみせるのだな」
ポケスペナツメ

これはナツメからの試練……!しかも口調から判断するにポケスペのナツメ…!試されているのか………ならば…

白音紅「応えてやるぜ……!レジェンドドロー………!!!」







僕が引いたのは…オーキドはかせ!!!
























…ではなく、リサイクル!!!!…ですよねー!(吐血


いや、しかし。これは。


白音紅「なんどでも蘇るさ。そう、ラピュタは永遠なのだ……!!!」

そして運命に引き寄せられたかのように綺麗に出る・・・・


「おもて」…!


確かこのときもうトラッシュにオーキドはかせが無かったんですが、他のドローソースを戻します。
手札も全部使い切り、ナツメの眼の妨害も効かなくなり、ここからの粘り強いドローで一気に巻き返します。

そして試合終盤、ついにベトベトンが立ってしまい、タケシのキュウコンラインが置物になってしまいます。
こうなってしまうと「ナイトスピリッツ」の最大火力が激減してしまうので、一刻も早く打開したいところ…
CIMG3373.jpg

「ポケモンぎゃくしめい」を使い、ベンチに篭城している「ベトベトン」を確実に処理していきます。
しかし、ベトベトンを処理するころにはこちらの数も相当減っており、火力が低くなって苦戦していましたが……


ここにきて「ナツメのゲンガー」が大活躍…!
相手のデッキはHP30のベイビィと、超が弱点のポケモンが多かったので「やみのこえ」が絶妙に刺さります。
そしてHPが80もあるのが心強いです。

サイドカードをあと1枚引けば勝ち…というところまで来て、またしてもお互いに山札が少なくなって来ます。
CIMG3374.jpg

このとき、ソラさんは「ベトベター」で粘って来ますが、なんとか回避…!「やみのこえ」でベトベターを処理し、残すはベイビィポケモンのみ…!
CIMG3375.jpg
僕の山札もだいぶ減りましたが・・・

白音紅「まだ俺のナツメのゲンガーは枯渇しちゃいないぜ・・・!!」

ナツメのゴーストからナツメのゲンガーへと化けなおし、執念の「やみのこえ」がベイビィの耳に届き、辛くも勝利………!!
かつてここまで「ナツメのゲンガー」が活躍した試合は無かったのではないかというほどの活躍っぷりでした(*・ω・)

もうこのとき慢心創痍の僕でしたが、まだ僕とナツメの戦いは終わっていません。
あともう少しだけ…僕にチカラを貸して欲しいぞナツメスピリッツ……!


そして、ソラさんとスイカさんの戦いへと舞台は突入。
CIMG3377.jpg


開幕、ソラさんのカスミのニョロモ&プラスパワーの猛攻から始まりますが、それを耐え凌ぐスイカさん。
CIMG3378.jpg
少し事故気味かと思われた両者の出だしでしたが、スイカさんは「ロケット団参上!」+「コラッタ」の【わるふざけ】にて安定したドローを展開。
CIMG3379.jpg

みるみるうちに「ドンファン」が育っていきますが、ソラさんのルギアもドンドン育っていきます。

試合終盤、サイドカードを先行して取っていたスイカさん側の山札が枯渇寸前に。
CIMG3380.jpg

高いHPを持つルギアの抵抗力の存在は大きかったみたいで、最後はベトベトンまでもが壁として立ちはだかり、スイカさんの猛攻を凌いでソラさんが勝利します。



そして……ついにやって参りました。僕とナツメのラストダンスの時が………!!!
今回の環境でここまで勝ち抜いてこれただけでもほぼ奇跡と言っても過言では無いのですが、ここまで来たら盛大に、尚且つドラマチックに優勝を勝ち取りたい……!!

決勝戦の相手はスイカさん……!!
reimondo.png

スイカさんとはバトルフェスタのときに僕がフーディンデッキを使い、スイカさんのドンファンベトベトンデッキによって打ちのめされた相手…!
前回はエスパーデッキで負けてしまいましたが…今回はゴースト、ナツメのパワーもあわさっているのでその底力は未知数……!

リベンジを果たす為、そしてナツメと共に優勝の壇上へあがる為、今、試合の火蓋が切って落とされる…!

試合の先手を取ったのは僕。これは非常に良い出だし……!
ちゃんと「オーキドはかせ」も握っており、ハチマキもそうそうに付き、エネルギー事故も無し…!

「ナツメのサイキックコントロール」「ナツメのモルフォン」「ナツメのESP」「エネルギーリムーブ」「リサイクル」
の5枚をトラッシュするのは痛手でしたが、オーキドはかせによるドローを選択。
CIMG3381.jpg

どちらかと言うとこれらのカードは後手だったときや防戦時の攻守逆転に使う意味合いが大きいので、
先手のアドバンテージを握ってるときは捨ててでも場を完成させていきます。

理論上、最善を尽くすなら「1ターン待ってからオーキド」というのがおそらく一般的な考えだと思いますが、自分の長年の経験上、こういったカードを捨てるのを勿体無がって温存、次のターンで使ってからオーキド…
などと考えていると、「ナツメの眼」のようなカードが飛んできて計画が狂うことが多いです。1ターンの「ズレ」というのはとても大きく、取り返しがつきません。
特に今この状況は決勝戦…どんな「魔物」が潜んでいるとも予想がつかないので、スピード重視で回していきます。
CIMG3382.jpg

これが吉と出たのか、2ターン目には万全の攻撃態勢に入ります。サイドカードも全て見えているので戦略も組み立てやすく、磐石と言ってもいい状態に・・・!

しかし、相手も万全の防御態勢が整い、こちらは「ポケモンぎゃくしめい」を使ってその牙城を崩しながら場を更に固めていきます。

試合中盤、リサイクル等のキーカードが早めにトラッシュに落ちてしまったのが若干の不安要素でしたが、こちらは旧裏界随一の核弾頭とも言える「ナツメスピリッツ最大火力態勢」が完成…………!!!
CIMG3383.jpg
当ブログでも度々話題に出して来ましたが、「ナイトスピリッツ」の火力の最高数値は180ダメージ…!
HPは50と、わるいポケモンも真っ青の紙耐久ですが、いわば「如何なるものをも貫く最強の矛」……!

そこに立ちはだかるのは拡張シートラッキー!!

コイツも旧裏界随一の壁ポケモンで、たねポケモンでありながらHPは100……!しかも超タイプに抵抗力持ち……!

白音紅「ああ、ラッキーを超タイプで殴るのはいいが-----------------別に、アレを突破してしまっても構わんのだろう?」
アーチャー




が・・・・・!


が・・・・・駄目っ・・・・・!



ここにきてまさかの5連続うら……!圧倒的ヘタレコイントス………!!!

これをみかねた魔王殿下が…

魔王殿下「一体なにをしているのです白音紅!?さぁ…封印されしコレを使うのです……!」
Ghetsis01.jpg

白音紅「こ、これは………」

ウィンディコイン

伝説のウィンディコイン……!

幾度と無く名場面において「おもて」を出して数々のドラマを築き上げた伝説のコイン……!
いうなれば…レインボージムの血と汗と涙と笑いが籠められた禁断のアーティファクト………!!

殿下からコインを受け取り、迷いは消えた。

僕の迷わないコイントスが無慈悲にベイビィポケモンとラッキーを駆逐してゆく!
CIMG3384.jpg

スイカさんもただやられていく訳ではなく、「抵抗力低下ジム」によって「ナツメのゴースト」達を確実に死へと追い込んでいき…
しかし、こちらも「きあいのハチマキ」で踏みとどまる……!
CIMG3385.jpg

デッキの中にずっと埋もれている「エネルギースタジアム」を早く引ければ相当楽な状況になるものの、「ヨルノズク」の【みやぶる】がそれを阻む……!まさに一進一退の状況……!!



そしてあと1枚のサイドカードを引けば勝ちという場面にて、再び現れる「ラッキー」……!!
まさに「最強の矛」と「無敵の盾」の対決の構図……!!

この後、ラッキーに致命傷を負わせるものの、バトル場のナツメのゴーストは「きぜつ」必死の状況に…

CIMG3386.jpg

最後は……ドンファンによって突破されたバトル場のナツメのゴースト(に化けたタケシのキュウコン)の超エネルギーを学習装置にて吸収したナツメのゴースが、ドンファンと入れ替わって出てきたベイビィポケモンと対峙することになり、


「パッときえる」が炸裂……!!


インド象をも殺すガス状ポケモンは伊達じゃなかった・・・・・・!

これにて、ナツメスピリッツ2015エディションが優勝…決定……!!!圧倒的歓喜………!!!!



長く、険しく、苦しくも楽しかった旧裏オフ2015冬の陣を、なんとか優勝することが出来て(そしてオフレポを完走できて)、本当に良かったです…!(`;ω;)

何度も言いますが、今回僕が優勝できたのは本当に運が良かったと思います。
プレイングミスは殆ど無かったものの、ワンキルされていてもおかしくない場面が多々あり、事前に予想していたベンチ狙撃系カードが少なかったのが大きかったです。
その辺のめぐり合わせや運は、ナツメに愛されていたのかも知れないなと思いつつ、この嬉しさと喜びはツイッターで応援してくれた全国のナツメストたちに送りたいと思います…!


ありがとう、そして、ありがとう…!


ちなみに…
オフが始まる前は、ベイビィはそこそこに多くなる予感はしていましたが、ベンチ狙撃系デッキが絶対増えると個人的には予想していました。
蓋を開けると参加者それぞれが行きたい道を突っ走ったという非常に気持ちの良い感じになってて楽しかったです。

特に今回誰か1人は使うだろうなと思ってた「プテラ」の【げんしのちから】による進化ロックデッキが来なかったのがラッキーでした。
今回は「ププリン(ネオ2)」が殿堂ランク入りしてるので「プテラ」を軽視するのは中々にリスキーで、それに伴い「まきちらせ!ベトベトガス」や「ベンチ狙撃系カード」の需要が増すかなーと思ってたんですが、自分はそこまで被害を受けなかったのが良かったです。

せっかくなので今回の環境について開催前にあれこれ殿下と一緒に考えてたことをちょっとだけ書き出していこうと思います。
、今回の環境で純粋に強そう、勝てそう、当たったら嫌だなって思ったデッキは「わるいゲンガー」だったりします。

「わるいゲンガー」はサブアタッカーに【にんぎょうつかい】+「ピッピ人形」を加えることで抵抗力にも対抗できるようになり、
「ピッピ人形」を盾にした【えんかくさいみん】+「マインドショック」のサイクルが強烈で、「わるいゲンガー」自身のベイビィポケモン確殺能力も優秀。
「プテラ」が出てくると少し苦戦しますが、「ベトベトガス」等で封じてる間に「育て屋」で「わるいゲンガー」を立ててしまえば「ひきずりこむ」で強引になんとかでき、「ベトベトン」にもブッ刺さります。

これといった弱点もなく、相手がコイン2連おもてを連発できる猛者じゃない場合は安定した立ち回りをみせるデッキなんですが、長期戦になりやすいのが難点で、トーナメントとなると最後の方には神経が磨り減りそうで、
過去に使用者が居た事もあって今回は誰も使わなかった…という結果になったのかも知れません。

あとは「GR団のミュウツー」絡みのデッキとか。
自分も新たなパターンをいくつか考えて居たんですが、「わるいアーボック」などは今回面倒になりそうなベイビィやロック系デッキを普通に駆逐でき、わるマタやナイトスピリッツのような並べる系デッキにも自然に刺さるので来るかなーとは思ってました。ただ、超が弱点なのが少し不安要素で、わるいライチュウと違って加速力が遅く、ベトベトンが来ると火力不足になるという欠点がありますね。

わるいライチュウデッキはコイン要素が絡むとはいえ普通に強く、最近はわるいエーフィ軸なんかも考えてたりします。

あとはバクフーンやメガバナも制限が掛かったとはいえ、まだまだ最前線で戦える可能性を秘めたデッキだと思います。
オーダイルも自身の★が増えたとはいえ、「カスミのいかり」の★減少による追い風があり、デッキ切れの負けが多い現環境では依然として最強の一角であることに変わり無いと思います。

旧裏オフでの活躍によって(?)、秋葉原などで価格が高騰しつつある「わるいマタドガス」ですが、このデッキは見た目以上に以前と比べてだいぶマイルドになったと感じてます。
「イントロ」のドガースを使うことによって攻撃面は強化されましたが、1キル耐性が激減し、山札をサーチできなくなったのが大きいのは言うまでもなく、必須カードである「鋼エネルギーカード」に殿堂ランクを割くことよって、新たに★が設定された「ロケット団のおねーさん」との両立が難しくなり、★が増加した「きあいのハチマキ」が入るスペースも激減しています。
以前のように強力なカードをぶち込むだけでは勝てなくなってるので、メタを読んだカードへの対策が課題で、そこが楽しいところでもあると思います。

振り返ってみると環境的にププリンが入れにくくなったことによる「まきちらせ!ベトベトガス」の増加、「プテラ」の増加、ベンチ狙撃の増加も逆風だったので、使用者が居なかったのかも知れません。

ナイトスピリッツデッキは「きあいのハチマキ」の★増加が非常に痛いんですが、「ポケモンぎゃくしめい」の★が減少してるので、組み合わせ次第でまだイケるかも知れないと思いました。
「ディフェンダー」を入れた型なんかもかなり面白く、以前よりも考えなければいけないことが増えて面白くなったデッキだと思いますね。

ベトベトンデッキの「ベトベトン」は中々やらしいカードなんですが、コイツが得意なデッキは大抵「そうとうやらしいデッキ」なので、抑止力的な意味で絶妙なポジションになったと思います。
「ベトベトン」が居ることを考えると、どうしても「「わるいゴルバット」等のデッキで先手を取ってロックしながら一方的に勝つ」という尖ったデッキを使うリスクが大きくなるので、
これからも色々な研究が期待されるデッキです。

ドンファンデッキは面白かったです。
個人的には「フォレトス」の方が好きだったんで、動きが似てるドンファンは殆ど研究してなかったんですが、3エネで50を確実に出せるシンプルな強みと、ヨルノズクやコラッタ、アンノーンQとのシナジーが面白かったです。

現環境になってから需要が変わったカードとかも個別に書き出して行きたかったりもするんですが、既にめっちゃ長くなってる気配がするので一旦ここで終わろうと思います。
次回は恒例のトレード篇や優勝賞品などの記事になると思います。

今回もすばらしいオフ会を開いてくださったソラさん、そして色々なところから参加されたみなさん、ありがとうございました!&お疲れ様でした!!
(`・ω・´)
カテゴリー: 未分類 | コメント: 0 | トラックバック: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。