スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(`・ω・´)
カテゴリー: スポンサー広告

旧裏面日本一決定戦 in 2012年!!レギュレーションなどなど!

日記タイトルみたいな事を、いつかやれたら良いなぁ~などと、漠然と思いながらニコニコ生放送をやってる白音紅です(*・ω・)

もしやるなら、全旧裏面カード使用可能(公式大会で使えないとの記述があるものは不可)で、殿堂ランクレギュレーションを採用してやってみたいです。

でも地元でやっても人集まらなさそうなんですよね(´・ω・)足りないカードはプロキシとか貸し出しとかで補えそうだけども。

でもでもまぁ、今となってはアンダーグラウンドの存在となってしまった旧裏面カードのバランスの良さや爽快感に気付いた人々が徐々に増えたりして、いつかやれたら良いなーとか夢見てみるのも楽しいものです。…ちなみにそれなりにカードは持ってる方だと自負しているので、景品は色々用意できそうです(笑


そんな訳で、ポケモンカードはBWが主流になった今、あえて旧裏面業界を更に盛り上げる為にも色々な所に手回しを始めた僕なのですが、今日は僕の放送などでも度々出てくる殿堂ランクについて記載しようと思ったのですが…


最近ネットにいきなり出てきた僕みたいな今のポケモン業界では然程名前が通ってない人物が偉そうに物事を言っても何の説得力も無いのかなーとも思ったので、

今回は、

僕が過去にどれぐらい旧裏面ポケモンカードに情熱をそそいでたのか

という事から語っていこうと思います。


まずはこちら↓
関西シニア優勝カード

旧裏面のスプリングロード☆ネオでの優勝カード…というか盾です。
(ちなみに実物には本名が入ってるので名前欄だけちょっと加工してます。トレー○ーズの○月号を見れば本名バレバレですが)

ちなみにこの大会のときに初めて殿堂ランクが登場しました。

正直殿堂ランクを使わない対戦だと、先手側が手札を大量のドローカードでブン回ししながら「にせオーキドの逆襲」や「ロケット団のおねーさん」「ロケット団のワナ」等のカードを使って相手の手札を殆どゼロに出来てしまったり、拡張シートのゴース等を使って相手のトレーナーカードをロックしたり出来てしまうので、こういった分かりやすい制限ルールは画期的であり、当時の僕らの中では対戦をより熱狂的なものに盛り上げる要素となりました。


そして次の思い出のカードはこちら↓
マスターリーグ優勝

このカードは盾に入ってるものではなく、アルバムに収納されてるものなので、綺麗にスキャンできてます(例によって名前欄だけは加工してますが)

あと、「画像が旧裏面じゃないじゃねーか!!」とか言われそうですが、このバトルロード☆サマー2002は「旧裏面と新裏面が30:30の比率で構築できて尚且つ殿堂ランク搭載の特殊なルール」で開催されたものなので、かろうじで旧裏面が関係しています。

この時代はサポータールールへの移行や、エネルギーリムーブのエラッタデッキ内に投入できる旧裏面のトレーナーカードの制限など…色々な変更が有りましたが、それでも旧裏面カードが絡んだコンボを考えるのは楽しかったです。

ちなみにシニアは「わるいベトベトン+メガニウムデッキ」で優勝、マスターは「ゲンガーのカオスムーブデッキ」で優勝しました。

その後参加した日本一決定戦は…
少し悲しい出来事も有り、入賞を果たせず、そうこうしてる間に旧裏面ポケモンカードの時代が過ぎ去ってしまい、僕はポケモンカードを引退することになりました(ADV初期ぐらいまではなんとか把握してますが)。

最近のポケモンカードは弟が偶然やってるのを見かけてちょっと触れてはみたのですが、進化しなくても出せるEXポケモン(ミュウツーEXやダークライEXなど)が強過ぎる上に、それらをサポートするカードもかなり強く、手札を循環させるカードが1ターン内に連続して使えないので、わざわざデッキスペースを割いてまで1進化や2進化のカードを使う意味があまり無いように感じてしまい、ちょっとアレな気持ちになりました(´*・ω・)旧裏面で例えると、化石のカブトプスジャングルのパラセクトネオ1のニューラジム拡張2のR団のサンダーと戦ってる気分…

最近はポケモンEXのワザを受けないシンボラーとかも出たそうですが、なんだかADV初期時代のソーナンスVSレックウザexの構図を思い出します。

今回の日記では、僕は今のポケモンカードを否定する気は全くありません(今のポケモンカードについて議論できるほど触れても居ませんし。)
でも、昔の長年に渡って煮詰められた旧裏面殿堂ランクでの対戦が好きだ!!そして今やっても新カードに負けないぐらい面白いぜ!!!という事を主張したいです。


サクッと短く終わらせるつもりでしたが、少々長くなりました(汗
次回はいよいよ、旧裏面殿堂ランクについて色々語ってみようかと思います。それではまたっ
スポンサーサイト
(`・ω・´)
カテゴリー: お知らせとか | コメント: 2 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

こんにちは。
こちらでは初めまして~。

過去の記事も拝見しましたが、何と豪華なカードの数々・・・。
しかも保存状態も良さそうで、ポケカを如何に大事にしてきたかがわかります。
自分の旧裏なんて、辺が削れまくってボロボロですからね。。。

タイトルの「旧裏面日本一」ですが、skype等旧裏時には思いもしなかった技術がある今なら無理ではないかもしれないですよ。
しかしやはりTCGはその場に2人揃ってやるのが一番ですが・・・。

ソーナンスvsレックウザexの話がわかる方が今いらっしゃるとは・・・。
確かにポケカ(に関わらずTCG全体で言える事だと思いますが)は年々カードパワーが上がってる様に思います。
ADV頃から大会等に出るようになった自分にとっては、旧裏は若干パワー不足だなぁと思う面もありますが、個人のブログや配信などを拝見していると
「こういうテクニックがあるんだなぁ・・・。」
と色々勉強になります。
まさに、twitterでおっしゃられてましたが、
「故きを温ねて、新しきを知る。」
ですね。
(先日twitterフォローさせていただきました。挨拶もしないですいません。。)

自分はもちろん旧裏面からポケカをやってましたが、ADV期から本格的に大会に参加しだしたので、
旧裏の大会事情等全く知らないので今後色々教えていただけると幸いです。


最後に、ゲーム主体でポケカの記事は少なめですが、
自分のブログに当ブログをリンクさせてもらってよろしいでしょうか。

ではでは、今後もブログ更新・配信楽しみにしてます~。
>>だだちよさん
いらっしゃいませ♪

まだあまりここの記事が充実してなかったので、どこにも告知してなかったブログなのですが、こうしてコメントを頂けると嬉しいです。

>保存状態
自分が最初使ってたエスパーデッキのカードは結構ボロボロだったりするんですが、昔は決して多くは無い予算でカードをやりくりしてたので、トレード等を想定してカードは極力綺麗に扱うように心掛けてました。

>旧裏面日本一
ポケモン風に言うと「かがくの ちからって すげー!」な感じですよね。
今もこうして過去の猛者達と旧裏面の話を出来るなんて、一昔前までは思いもよらなかったです。

スカイプの対戦は僕もたまにやるのですが、やはりコイントスの見え具合とか場のカードの見えやすさとかがちょっと気になったりもしますね(自分のウェブカメラが安いというのが大きい所だとは思いますが(汗))。でも、とても便利な対戦ツールだと思います。

いつか実現できるようにと思ってるので、その際は是非ご参加いただきたく思いますb

>カードパワー
そうですね。
旧裏面はコイントスやらタケシのキュウコンを絡めれば120ぐらいの火力は出るのですが、基本的には60ダメージ出れば高火力と言えるバランスで、今の環境と比べるとかなり地味に見えるかも知れません。
ただ、他のカードゲームには無い「驚異的なドロースピード」が有る点がかなり爽快ですね。

ADVはうろ覚えですが、ハーフデッキでレックウザソーナンスマイナンのデッキが流行った記憶があります。
確かレックウザに対してソーナンスを出して「水晶のかけら」をつけて「おきあがりアタック」で突破したり、相手のソーナンスをマイナンの「ポイントショート」で突破したりしたり…これも中々懐かしい話ですね。

>twitter
どうもです。
ツイッターは本格的に誰にも告知してなかったコンテンツなのでフォローされてて驚きましたw
挨拶とかは全然気にしないので気軽に覗いてやってください~

>リンク
ありがとうございます♪
僕もゲームの方は昔ホウエンパとかエスパーオンリーでこっそり活動してたので、また対戦とかもやってみたいですね。

ちょっと返事が長くなってしまいましたが、これからも色々頑張りますので宜しくです(`・ω・)ノ

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。